トップページスタッフ日記

2020年02月28日

3月以降の放課後等デイサービス各教室の開室について

                              令和2年2月28日
レクタス保護者の皆様
                            NPO法人レクタス
                            理事長  塚原 健

レクタスの営業について
・レクタスはこれまで通りの営業日に開きます。(霧が丘教室は土曜日も)
・開室時間は教室毎に異なります。
・教室では、消毒や換気などをこまめに行い、お子様の健康・安全に十分に留意します。
・お子さんは基本的には、レクタスのいつもの曜日に通っていただきます。
・濃厚接触を回避するために、レクタスでの滞在時間は、短時間でお願いします。
・各教室から、お子さんが通っていただく時間(シフト)などをメールでお知らせします。
・レクタスの教室にお子様を通わすかどうかは、各ご家庭でお決めください。


※欠席(レクタスに通わせない)も含めて、必ず返信メールを教室あてにご送信ください。


以上、宜しくお願い致します。
posted by レクタス at 14:19| Comment(0) | 日記

2020年02月14日

レクタス・スタッフの今日の気づき

【あなたのお子さんは幸せですか?】

小学3年生くらいになると、自己肯定感が急に下がってくるようだ。
この原因は何なんだろう。

本人の自覚も出てくる年代なのだろうが、
勉強もピアノもスポーツも他の子と比較される!
人の目が気になる!
(ましてや兄弟姉妹で比較していませんよね!)
といった、「日本人は他人と比べ過ぎる・・・幸福感が下がる」ことに陥っていないだろうか。

・・・アメリカの公園で3歳くらいの子どもが走ってきて転んだ。
日本人のお母さんであれば、「大丈夫」「駆けちゃダメって言ったでしょう」「みんなが見ているでしょ」「お行儀よくしなさい」などと言うのかもしれない。
ところが、アメリカのお母さんは、「Good job」と言った!とのことだ。
何とポジティブ・前向きなんでしょう。
日本は、自己肯定感を下げる教育をしていませんか。


【あなたは幸せな生き方をしていますか?】

自分の経験の中で頑張っている。
・・・だから、成長できない。

経験のある信頼できる人に相談することが大切。
素直に行動する。
・・・だけど、これができないようだ。
・・・優秀な素直な人は多い。
・・・優秀だと自分では思っている素直ではない・行動できない人も多い。


【卒業シーズンを迎えて】

「アメリカでは問題なく通学できた。
 帰国したら通学できなくなった。」
そんなお話も聞いているので、
お子さんもお母さんも、そして従業員・スタッフも、より良い「幸せ」になろう!との想いを膨らませてみました。

20200212_011255800_iOS.jpg
posted by レクタス at 08:53| Comment(0) | 日記

2020年02月10日

理科実験教室

2月9日(日)にスタッフの有賀による理科実験教室を開催しました。

身近なものをルーペや顕微鏡を使ってのぞき込み、観察する楽しさを感じてもらいました。

IMG_20200209_111242.jpg

IMG_20200209_100800(1).jpg

前半は主に中学生の部、後半は小学校3〜4年生の部の2回に分けて同じ実験を行いました。中学年の子たちはそれぞれが気が付いたことを意欲的に発言して盛り上がっていました。一方、高学年の子たちは慎重に道具を使いながら真剣な表情で取り組んでおりました。年齢の違いからなのか、はつらつとした小学生と、慎重で少し不安げな中学生とで、物事に対する構えの違いなどがうかがえました。普段の個別学習支援では感じられない様子は興味深かったです。

IMG_20200209_103622.jpg

IMG_20200209_103758.jpg

パソコンのモニターに顕微鏡の画像を映してみんなで確認しました。上の画像は片栗粉ですが、子どもによっては最近世界中で伝染しているウィルスを連想させたようで、冗談半分、本気半分に怖い怖いと騒ぐ場面も見られました。

途中、なかなかレンズの焦点が合わず苦戦する場面がありました。「ピントを合わせて」の「ピント」を知らなかったようです。我々にも小さな新しい発見がありました。

理科実験教室はこれから各教室でも開催していく予定です。ご希望の方は各教室のスタッフにお問い合わせください。


スガ
posted by レクタス at 10:44| Comment(0) | 日記

2020年02月06日

うれしいこと


2週間に一度くらい お会いしている方がいます。

ほんの30分ですが おじゃまをしてお話をするだけです。

帰りには にっこり笑って握手をして
「先生の手は 冷たいですね。お元気でいてくださいね。」
と、労ってくださいます。


おじゃまをしはじめた頃は 辛い心境があふれるのでしょう。
涙があふれて止まりませんでした。

生きることに耐えられないほど辛い日々が続いていたのでしょう。 


きょうは 何度も一緒に笑いました。

また辛い日が来るかもしれませんが
きょう一緒に笑ったことを思い出して
また一緒に笑いましょう。


2020020215360000.jpg 2月のフラワー教室

つかはら
posted by レクタス at 16:44| Comment(0) | 日記

2020年02月03日

授業参観〜成長した子どもたち〜


先週、2校の授業参観に行く機会に恵まれました。
2校ともに小学校です。

子どもたちが自主的にクラスを運営している様子が伺えました。

困っている友だちの様子を見ていて、そっと声かけをして助けたり
教科書を忘れた友だちにさりげなく見せてあげたり
先生が気づかないことに気づいて先生に伝えたり
参観者への気配りがあったり

和やかで落ち着いた教室でした。


年度末になったことを実感しました。

4月から毎日毎日共に生活をしてきて
こうして分かり合えるようになったクラスの仲間と
もうすぐお別れです。

新年度へ向けて希望に胸を膨らませる 3月

そして緊張の日々が始まる4月


学校という大きな社会の中で
ひとりひとりが大事にされていました。


2020020215370000.jpg
開放感に満ちた中休み



2020020215350000.jpg
子どもたちの癒し係 校長室の ごんちゃん

ご多用の中 参観をさせていただきましてありがとうございました。(つかはら)




posted by レクタス at 14:11| Comment(0) | 放課後等デイサービスレクタス

2020年02月01日

レクタス・スタッフの今日の気づき

【ゲーム好きな子は私にお任せください!】
 ・・・ゲーム好きな子を教える専門家です。(笑)


「ゲーム三昧の子」が勉強に向かう"魔法の言葉"を、
石田 勝紀氏 : 一般社団法人教育デザインラボ代表理事、
       都留文科大学特任教授
から学びました。

「勉強はゲームである」ことを教えてあげればいいのです。

1. 「基本問題」という言葉を「アイテムを手に入れよう」に変えてしまう。
2. 「 応用問題」ではなく、「アップデート版」の攻略と言う。
3. 「解説を見てごらん」と言うのではなく「攻略法を見てごらん」と言ってみる。
4. 「勉強計画を立てよう」ではなく「ゲームプランを立てよう」と言ってみる。
5. 「解答終了」ではなく、「ゲームオーバー」と言ってみる。

・・・これは、レクタスだけではなく、ご家庭でも使えます。
「やってみた実践報告」、結果を教えてくださいネ!

image2 (1).jpeg
posted by レクタス at 14:00| Comment(0) | 日記

2020年01月27日

2/4 第20回「レクタス de カフェ・ディッシェ三ツ境」のお知らせです。

2/4 第20回「レクタス de カフェ・ディッシェ三ツ境」のお知らせです。

「“不登校、行き渋り”&“育児について”語る保護者のカフェ」の内容で、
子育て・子ども教育全般の話題を扱い、保護者、スタッフの皆で楽しく学び合う会です。
 
皆様のご参加をお待ちしております。
お気軽にカフェを楽しむ気持ちでの話題参加も大歓迎です。

日時:R2年2月4日(火) 10:30〜12:30
場所:NPO法人レクタス「三ツ境教室」
対象者:レクタス利用会員保護者 
 及び レクタススタッフ、不登校・行き渋り・育児の課題に関心のある方
費用:300円(飲み物、茶菓子付き)
当月の話題:
(1)レクタススタッフによる、お子様の成長・発達への見通しの実例を紹介する。
   (小学校⇒中学校⇒高校⇒大学、専門学校、就職 への発達軌跡)
   *5名のスタッフにより実例をお話し、紹介いたします。
(2)自由テーマ(自分のこと、お子さんのこと、最近の出来事等) 

お問い合わせ
レクタス三ツ境教室 大島まで
FAX:045-391-3330
mail:join@nporectus.com

20200119_013105497_iOS.jpg
posted by レクタス at 12:47| Comment(0) | 日記

2020年01月12日

今年もよろしくお願いいたします


・・・・仕事を終えて学び塾にやって来た彼が 開口一番元気よく・・・・

   「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
    スタッフのみなさんは 冬休みにどこかへ 行きましたか?

    ぼくは 暮れにお墓まいりに行きました。
    母と祖父と祖母のお墓に行ってきました。

    母は喜んでくれているでしょうか? 」

・・・・もちろん とても喜んでいらっしゃると思いますよ・・・・

    「そうですか。 ぼくは 母のお墓には 毎月行っています。」


・・・・やっと お母さんのことを口に出すことができるようになった彼でした・・・・





IMG_20200113_101046.jpg
令和2年1月11日 フラワー教室


posted by レクタス at 15:24| Comment(0) | 日記

2019年12月30日

今年もご協力くださいましてありがとうございました

今年もご協力くださいましてありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


レクタスをご利用くださっている子どもたちの保護者のみなさま

何度くじけそうになっても
どんなに傷ついても 
お子さんに
必死で向き合ったり
必死にぶつかったり
やけくそになったりしながら
親としての仕事を続けられました
そして今年も多くを体験し学ばれたことでしょう
1年間 ほんとうに おつかれさまでした

どうぞお元気でよい年をお迎えください。

つかはら

2019123019560000.jpg
アジアンタム10年目の冬も霧が丘で乗り切ります


2019123019530000.jpg
金沢教室の作品たち11月12月


2019123019580000.jpg
霧が丘教室のレゴ12月末




posted by レクタス at 20:45| Comment(0) | 日記

2019年12月29日

レクタス・スタッフの今日の気づき

レクタス・スタッフの今日の気づき

田中 健太氏は、「親子まるごと応援団協会」を主宰している。
いきなり親になるには無理があるということで、
そんな親への応援をするための協会のようです。

レクタスでも「deカフェ三ツ境」や各教室の「保護者カフェ」が実施されている。
つまり、お子さんだけの支援では成果には限りがある、
「親子まるごと」との認識はできています。

保護者からの「レクタスでは、〇〇のようにして欲しい」という要望は当然なことでいいのですが、
加えて、「レクタスのために、私たち親は何ができますか?」といった要望が加わると、
お子さん、保護者、レクタスのベクトルが一致して、さらにいい教育ができるのだろうと考えています。

レクタスの都合の良い発想でしょうか?(笑)

来年への飛躍に期待して!

20191220_002452880_iOS.jpg
posted by レクタス at 17:55| Comment(0) | 日記
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
過去ログ
検索ボックス
 
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.