2018年08月13日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

「教えてはいません」・・・「それが何か?」(笑)

上越教育大学の赤坂真二、西川純先生の言葉ですが、
「『すべては子供たちのために』果たす教育の役割とは何か。
教師の心構えとしては、『教える』ではなく『引き出す』が基本なのである」
とおっしゃっています。

これは、レクタス・塚原理事長が折に触れ伝えている、
「『教える』なんて教育をしてはいけないんだ、
『やる気』や『能力』を引き出す指導をする。
子どもが40人いれば40人の対応が必要になり、
画一的な、教えるなんてことはできないんだ。
こんなことは、40年前からわかっていること・・・」
ということでもありますネ。


さて、今日からは、レクタスもお盆休み入ります。
「東京五輪音頭-2020-」知っていましたか?
https://tokyo2020.org/jp/special/ondo/

スクリーンショット 2018-08-11 09.12.59.png

ここで、完璧に振り付けを学ぼう!
盆踊りでは、思いきりかっこよく、
暑さに負けず祭りを楽しみましょう!
と、いうことで、水分の補給を忘れずに、ご安全に!!

posted by レクタス at 07:40| Comment(0) | 日記

2018年08月10日

お習字を習いました(金沢教室)

習字は、筆の持ち方、入れ方、止め方、はらいが「いのち」!!

7月25日(水)、お習字教室を開き、3名が参加しました。
先生に筆の使い方を習うと、みんな、みるみるうちに上達。
「氷」の字の「はね」や「はらい」をご覧ください。
お習字1R.jpg

お習字練習中.jpg

お習字2.JPG
posted by レクタス at 15:26| Comment(0) | 日記

2018年08月08日

【レクタス・フリースクール】のご案内

【レクタス・フリースクール】開校に先立ち、
フリースクール午前学習”の生徒募集を開始しております。

開校日程:毎週火曜日 10:00-12:00
場所  :霧が丘教室

カリキュラムの考え方
(1)基礎学力を大切にした学びの場を提供する。
(2)児童生徒の興味深いテーマの学習機会を提供する。
(3)児童生徒の自ら学ぶ意欲を大切にする学習支援を行う。
(4)みんなで学ぶ、見捨てない「学び合い」の機会を提供する。

ご興味のある方は、学校説明、面談等のご希望を下記の連絡先まで、
お気軽にご一報ください。

尚、【レクタス・フリースクールパンフレット】は、こちらを御覧ください。
http://nporectus.sblo.jp/article/183607550.html

連絡先:レクタス霧が丘教室 大島仁まで 
FAX:045-921-4124、
E-mail: join@nporectus.com

以上、よろしくお願い申し上げます。
大島 仁

20180504_031752673_iOS.jpg
posted by レクタス at 05:03| Comment(0) | 日記

2018年08月06日

暑さ以外に何か?


酷暑が続きます。

霧が丘教室のプールも最近は、殆ど水温34度、気温40度です。

P8020532.JPG

そんな中で元気なのが、パイナップルです。
実の残りの部分を鉢に植えて置いたら育ってきて、8年目です。
冬は風呂場に避難させて、ここまで大きくなってきました。
この夏に、いよいよ「花」が咲きました。

P8020538.JPG

そして3日後・・・

P8060546.JPG

花の下の茎が伸びて高い位置に花が来ました。

P8060549.JPG

よく見ると、小さな花が集まっているようです。
パイナップルのぶつぶつの部分一つが、この小さな花一つに対応するのでしょうか。
これからどうなるか、楽しみです。
酷暑の中にも、よいことがありました。
posted by レクタス at 14:51| Comment(0) | 日記

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

悲しいことがありました!

学習に入る子どもが、美味しそうなパスタの写真を見せてくれる。
今日食べてきた昼食の写真ということです。

子供たちは夏休みに入り、家庭で過ごす時間も増えているでしょう。
このような時に、子供の笑顔が増える方法があります。

料理を子どもと一緒に作る、共同で作る、という方法です。
子どもに手伝わせるということではありません。
あくまで共同作業です。

共同作業は、親子の会話が増えますので、
親子の理解を深めたり、子どもの自尊心を高めたりする
絶好の機会の1つです。

しかし、悲しいことがありました。
「お母さんに、『野菜を切るのが遅い!』と言われてしまったんだよね」

・・・・・うわー!それ言っちゃダメでしょ!(笑)

20180707_040724654_iOS.jpg
posted by レクタス at 07:59| Comment(0) | 日記

2018年08月03日

気温38度 水温34度


先週の火曜日は 気温38度 水温34度

きょうは 気温39度 水温34度

午後5時を過ぎても 気温33度 水温33度


気温38度水温34度.jpg


水に とけこむ 子どもたち  

笑顔が はじける様は 暑さを吹き飛ばしてくれます


保冷剤を包んだタオルを首に巻いてプール監視中
Tsukaki


posted by レクタス at 17:39| Comment(0) | 霧が丘教室(本部)

2018年07月30日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

読書感想文をどう書くのか?

8月に入ると指導の機会も増えてきます。
さて、自分でうまく書けない子には、どう指導していけばいいのか?

以下の2つのことをインタビューで聞き出して、
文章化の手助けをしてあげればいいでしょう。

@この本を読んで何に気がついたのか。
Aその気づきをどう活かしていくのか。

下記の記事を参考にしてください。

【読書感想文を2時間で仕上げる方法】
 By 樺沢紫苑先生(動画をメモにしました)

・文章は書き始める前に構成を決める。
・まずは何を書くのか定める。
・読書感想文で何を書けばいいのか難しい。
・言葉で話すと意外とすらすらと話せる。
・小学生の子供が読書感想文を書くなら、
 母親と一緒に同じ本を読んだ後に、
 親子で質問したり対話してみる。
・親が子供にいろいろ質問してみる。
・子供の気持ちや感情を引き出してあげる。

・中学生の場合、友達同士でもOK。
・友達と本の内容について語り合う。
・1冊の本について議論できるように深く読む。「深読」
・実際に人と話し合うことが重要。
  ・・・読書会に参加すると、
     理解の深さが圧倒的に深くなりますヨ!(大島)
・意見や感想が自然と出てくるようになる。
・その内容を抑えることが重要。
・思いつく限り、箇条書きにしておく。
・ボイスレコーダーで録音しておくのも良い。
・箇条書きが5から7こ位があれば、
 それをもとに構成を考えていく。
・上起承転結の4段階構成など。

・読書感想文に書くべき2つのこと
 @この本を読んで何に気がづいたのか。
 Aその気づきをどう活かしていくのか。

 ・・・この主人公のように生きていきます。
 ・・・もっと行動変えていきたいと思います。
 決意変化が書いてあるのが良い。
 読む前と後で変化が起きるのが本の面白さ。
 自分の中で起きた変化に着目する。
 ビフォアアフターに注意して感想文を書く。

【まとめ】
 読書感想文の基本的なフォーマット
 @この本を読んでこう思いました。
 A今後はこうしていきたいと思います。

 議論の中で意見や感情を出し合って、
 フォーマットに則って書いていけば良い。
 文章を書き出す前に箇条書きにまとめる。
 箇条書きを膨らまして枚数を埋めていく。
 事前に構成を決めておけばきちんと書ける。
 30分で議論、30分で構成を書く、1時間で文章を書き上げる。
 2時間で読書感想文が完成する。
 普段から文章書いてない人は読書感想文を書くのが難しい。
 感想を書くことで本の理解が深まる、
 読書感想文を書くというチャンスを生かす。
 楽しく読書感想文を書いて下さい!

20180729_060622502_iOS.jpg
posted by レクタス at 10:17| Comment(0) | 日記

2018年07月27日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

親が、勉強を教えてはいけません!

えっ、教えてる!?

「どうしてこんな問題できないの!」
「さっき説明したじゃない!」
「何度言ったらわかるの?」
「やる気がないからよ!」

とは、言ってないですよね?

普通は、親は教えないほうがいいのです。

実は、親が、勉強を教えることではなく、
@親が子供のそばで勉強を30分みること。
A子供に30分だけ勉強することを約束すること。
なのです。

口を出さずに30分間黙って見守るのはキツイのですが、
まずは、実行してみましょう。

尚、どうしても学習が心配だということであれば、
レクタスにおまかせしてはいかがでしょうか!(笑)

20180726_030821662_iOS.jpg
posted by レクタス at 07:50| Comment(0) | 日記

2018年07月26日

第8回 レクタス de カフェ・ディッシェ鴨居 のお知らせです。

第8回 レクタス de カフェ・ディッシェ鴨居

「“不登校、行き渋り”&“育児について”語る保護者のカフェ」
子育て・子ども教育全般の話題を扱い、保護者、スタッフの皆で楽しく学び合う会です。
 
引き続き毎月開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

お気軽にカフェを楽しむ気持ちでの話題参加も大歓迎です。

日時:H30年8月5日(第一日曜日) 次回以降 毎月第一日曜日
   10:30〜12:30
場所:NPO法人レクタス 鴨居教室
対象者:レクタス利用会員保護者 
 及び レクタススタッフ、不登校、行き渋り、育児の課題に関心のある方
費用:300円(飲み物、茶菓子付き)
当月の話題:
(1)@子どもの幼児帰り的な“甘え”の対応方法を学び合おう。
   A思春期のお子さんの攻撃的な言葉や行動に直面した時の、
    お母様の対処法やストレス解消方法を学び合おう。
(2)自由テーマ(自分のこと、お子さんのこと、最近の出来事)

お問い合わせ
レクタス霧が丘教室 大島まで
FAX:045-921-4124
mail:join@nporectus.com

2018-07-26.png
posted by レクタス at 09:05| Comment(0) | 日記

2018年07月23日

とことこさんへ訪問と通所支援について

本日の午前中に金沢区地域子育て支援拠点「とことこ」へ

発達に不安のあるお子さんの保護者の方の集まりにお邪魔してまいりました。

とことこの皆様お時間を割いてくださりありがとうございました。


少しお時間をいただいてレクタスの活動についてお話しさせていただきました。会が終わった後にある保護者の方が、「送迎はされていないんですね・・・」と残念そうに仰っておりました。

私たちは自立通所をお勧めしておりますので、敢えて送迎は行ってきませんでした。4年前に放デイを始める前にいろいろな放デイ事業所さんのお話を聞いて送迎にまつわるいろいろな問題を聞いておりましたので、お子さんの将来の自立を目指して、ひとまず送迎は行わないことに決めました。

その代わり、私たち独自の通所支援を行っております。

学校から教室まで、自宅から教室まで、ご希望に合わせて綿密に下調べして自立通所を計画します。公共交通機関の時刻表、信号の数、車の交通量、バスの乗車位置、降車ボタンを押すタイミング、その他もろもろを調べます。本人のできるところ・できないところも徹底的に把握します。支援が決まったら実行します。微調整を行い、モニタリングします。しばらくたったら、今度はどのタイミングで支援を「外す」かも長期的スパンで考えます。もちろん、どこは「外せ」ないかも考えます。また実行します。実行しつつも微調整です。流行りのPDCAです。

これは最も怖い支援でもあります。

事業所を一歩出れば、不測の事態を常に想定していないといけません。一歩街にでれば、学校や放デイ事業所という安心安全空間とは違います。だいぶ発達障害が認知されてきたとはいえ、理解の深い方ばかりでもありません。片道15分でもかなり神経を使います。保護者の方ときちんと共通理解を図ることはもちろん、本人の同意を得なければなりません。殆どの子は親から離れてバス電車に乗ることに不安を覚えます。あるいは、まったく不安を感じない子もいますが、逆にこちらがハラハラするケースもあります。

一方で、小さいお子さんはまだ送り迎えが必要です。ご両親が働いているなどでどうしても送迎が必要なケースももちろんあります。その問題をどうやってクリアするかずっと迷っているところです。

そんなこんなを考えつつ途中で牛丼大盛りを買って金沢教室に戻ってきました。

おしまい

すが
posted by レクタス at 20:18| Comment(0) | 日記
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.