2016年07月31日

夏期教室〜蝉の抜け殻〜

霧高前バス停へ送り、バスを待つ間に
私の手のひらには蝉の抜け殻がてんこ盛りでした。

せみの殻.jpg

バスが出た後は、レクタスへ抜け殻を持って帰り、夏休みが終わるまで飾っておきました。

せみの抜け殻.jpg

今年もバス停へ送りました。エプロンのポケットにポリ袋を入れて。
昨年のように、バス停で抜け殻を2つとって、私に渡して
「もう、上級生になったんだから、土へ返してあげます。
土に返すと、土の肥料になって植物が喜びます。・・・・」

せみの穴.jpg

2つの抜け殻は土へ返されました。

posted by レクタス at 16:23| Comment(0) | 塚&ツカ

2016年07月26日

ドライトマト 湿った結末

P_20160726_141756.jpg

しっかり乾いているか見てみると、

ガーン!

黒ずんだカビが・・・

ほかのスタッフに聞いてみました
「危うきに近寄らず。私なら食べません」

まだ大丈夫なのがあるので再チャレンジですね。

まあ梅雨が明けてないのに無謀だったかもしれません。

乾いた夏を待ちます。
posted by レクタス at 14:50| Comment(1) | 日記

2016年07月21日

ベランダ菜園 ハーベスト

P_20160721_152642.jpg
収穫したトマトを割って干します!

ドライトマトを作ります!


スガ
posted by レクタス at 15:36| Comment(0) | 日記

2016年07月19日

ベランダ菜園

P_20160719_101912.jpgP_20160714_161041.jpg

都筑教室で先週から始まりました。編み物の先生からゆずっていただいたものです。連休明けに様子を見てみたらトマトが鈴なりでした。



スガ
posted by レクタス at 11:37| Comment(0) | 日記

2016年07月12日

模様替え

ふれあいの丘1.jpg

朝から 30度の暑さでした。

ふれあいの丘2.jpg

午後、久しぶりに都筑ふれあいの丘教室へ行きました。

ふれあいの丘3.jpg

木々の緑に癒されます。

ふれあいの丘4.jpg

第一学習室へ階段を上がって顔を出した子どもたちの第一声は

    あっ、かわった!

    うお〜〜 かわってるう〜

部屋を見回す目は輝いています。

エアコンの冷風がまんべんなく行きわたるように
模様替えをしたようです。


鴨居教室の第二学習室(和室)には、窓用エアコンを設置。
模様替えをしても暑さは防ぐことはできませんでした。

霧が丘教室は カフェテーブルを90度移動しました。
おやつを食べながら プレイコーナーを往復しないようにです。


どの子どもにも よりよい支援ができるようにと
模様替えをしては、考えなおして また模様替え
子どもの成長や 子どものメンバーに合わせて
模様替えをし続けて 10年近くが経過
・・・・
いつしか、10年前の状態にもどっているかもしれないと、
最近こっそり心配になったりしている霧が丘教室です。


posted by レクタス at 00:16| Comment(0) | 塚&ツカ

2016年07月06日

事実を見て感じたことが大切


わかば学園へ見学に行きました。

レクタス霧が丘教室より10分ほど歩いたところにあります。
レクタススタッフ10数名が参加しました。
実習中の各教室を丁寧に案内していただきながら、
学校の方針や支援内容を詳細にお聞きすることができました。

2016070616450000.jpg2016070612020003.jpg
2016070612020001.jpg



     進路先を見つけるときには、
     まず見学や体験をして実際を見る
     子どもが感じたことを信じる
     子どもが行きたい学校を選ぶ
     ことが大切だと実感しました。





posted by レクタス at 17:19| Comment(0) | 塚&ツカ

2016年07月05日

障害者政策について公開質問

偶然見つけました。

日本障害者協議会(JD)が参院選に向けて、各政党に障害者政策について公開質問をしています。

ご参考までに⇒こちら

スガ
posted by レクタス at 18:03| Comment(0) | 日記

2016年07月03日

梅雨空の向こうに

保護者様が利用会員として入会されて10年近くが経過しました。
その間に、お子さまは思春期を迎え成人され・・・・
さまざまな悩みに向き合ってこられました。
そして、先日こんなメールをいただきました。


   子どもの話を聴くとき、
   ようやく、書きながら、穏やかに聴ける様になりました。
   書いておけば忘れても安心。
   寝るまで付き添う。

   子どもは、次の日には自分でどうしたらいいか、考えて対処していました。


   私が子どもであった頃、
   親に話を聴いてもらって、安心して対処した、という記憶がない。
   親にきかれて、話したら、怒られた記憶しかない。


   子どもの話を聴くだけなのに、
   子どもは、答えは自分の中にあり対処できているとは、
   凄いと思います。



   答えは出さなくていい、
   答えは本人の中にあるっていう事を実感するのに、
   随分時間がかかりました。






梅雨空の向こう.jpg


posted by レクタス at 15:12| Comment(0) | 塚&ツカ
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.