2018年07月05日

平成29年度 決算報告 貸借対照表

平成29年度の決算報告を行いました。

貸借対照表を掲載します。ご覧ください。

貸借対照表 h29年度 (特定非営利活動法人レクタス 第10期).pdf


posted by レクタス at 16:56| Comment(0) | お知らせ

小数と整数をどう教えるか(金沢教室のスタッフ研修から)

小数の指導

 6月26日、児発管の梅原さんが、学習指導スタッフの研修のため、Cさんの小数の学習を行いました。その様子を紹介します。
整数と小数04S.jpg


―Cさんと学習した少数―

 小数とは何者なのでしょうね。
 「小数と整数はどちらが先に発見されたと思う?」
という問いを発すると、大人の中にも意外と整数の方が先に生まれたと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。実生活の面では、小数が先に生まれたのです。
 その証を授業でやってみましょう。

◎用意するもの
 元になるカップ…1個  水…適量  水を入れる入れ物

整数と少数画像02.JPG

以下、▼は梅原、◇はCさんです。

▼ ここにある水は、どれくらいの量があるのでしょうね。
◇ 〇? ▽? などなど。
▼ 実際に計ってみましょう。
 このように言って、用意しておいたカップを出し、子どもに計らせる。
◇ 3個と……ちょっとあまった。
▼ ではそれをカップに入れて、目盛りのどこまで?

整数と小数03S.jpg

◇ 小さい目盛り4つ分。
▼ 合わせるとこの水の量は、カップ3杯と4目盛りですね。カップ1杯分入った水と、カップ1杯にならなかった水を区別するために、ここに点を入れましょう。
 と言って、「3.4」と書いてみる。3杯4目盛り。そして、これを「3てん4」と読むよ。この点を小数点と言うよ。小数点より左側は整数だよね。

※このようにして、いろいろな水の量をカップで計ってみる。意図的に4杯とか2杯というように、残りのない水の量を計る。これを4.0(4てん0)、2.0(2てん0)と読むこと。しかし、小数点以下の0は限りなく続くので、省略して4(よん)、2(に)のように読むし、記述することを指導する。このような学習の後で、

整数と小数06.JPG

▼ 整数と小数はどちらが先に発見されたのかね。
◇ 小数。

 理由を聞くと、このカップでちょうどという水は、気をつけないとない。たいてい普通にカップで水を飲むときは、適当に水を入れるから。

IMG_0062.JPG

 子どもの言うとおりです。日常生活では、ちょうど……ということは、意識的に作らない限りあんまりないのです。自然に用意されているものは半端が多いのです。

      13 .7 ⇒ 13    .    7
             整数  小数点  小数第1位 
     (元になるカップ13杯分)(元になるカップ1杯分にならない。
                          あまった量)
 (文・梅原幸子)
posted by レクタス at 16:37| Comment(0) | 日記
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.