トップページスタッフ日記

2018年11月25日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

「“本番に強い子” になる、正しい言葉かけ」とは?

 ⇒「どれくらいできそう?」と声をかけるのが効果的!


・・・・・

「落ち着いて」はNGワード!?
“本番に強い子” になる、正しい言葉かけと簡単トレーニング
(教育を考える  鈴木里映氏より)

「もしかして、うちの子本番に弱いタイプかも……」。
本番で力を発揮できない理由は……
本番に弱い、つまり、子どもが本番で本来の力を発揮できない理由の大半は「緊張」によるものです。

緊張していても実力が発揮できるようになるには? 

緊張しているお子さんに対し、どんな言葉をかけていますか?

*NGな言葉がけ
 ×「落ち着いて」
 ×「リラックスしよう」
 ×「大丈夫! 全然緊張なんかしていないよ」
 ×「おばあちゃんも見に来ているんだから頑張って!」
 ×「あなたなら絶対にできるはず」

*OKな言葉かけ
 〇「どれくらいできそう?」と声をかけるのが効果的だと言います。

歌を歌う前に緊張している子どもとの対話を例にしましょう。
例:【OKな言葉かけ】
親:「どこまで歌えそう?」
子:「全部ダメかも……」
親:「そっか、でもサビの部分は歌えるかな?」
子:「サビは大丈夫だと思う」
親:「じゃあ、そこを頑張ろう!」
こんなふうに、子どもは自分ができそうなところを再確認すると比較的落ち着くケースが多いのだとか。

もし、「やっぱり全部無理!」と子どもが答えた場合は、次のようなイメージです。
親:「じゃあ今日は、うまく歌えなくてもいいか。みんなと一緒にステージに出るのはどう?」
子:「うん、それならできるよ!」

そして、終わったあとは、本番でうまくできていたところを見つけて、それをきちんと伝えてあげることが大切です。
あまりうまくいかなかったときも、「〇〇ちゃんが舞台に上がっているだけでママは嬉しかったよ」と褒めてあげましょう。

・・・・・

上記のような言葉がけをして育てられた子と、ただ「頑張れ!」と背中を押されて育てられた子では成長の差が大きいいと気づかされました。

レクタスの学習指導においても、“緊張したけどできた” という成功体験を積み重ね、自己肯定感を育てることで、“本番に強い子” につながっていくことに貢献したい考えています!

20181123_063138103_iOS.jpg

posted by レクタス at 14:40| Comment(0) | 日記

2018年11月22日

第12回 レクタス de カフェ・ディッシェ鴨居&三ツ境 のお知らせです。

第12回 レクタス de カフェ・ディッシェ鴨居&三ツ境 のお知らせです。

12月は「三ツ境教室」!です。

「“不登校、行き渋り”&“育児について”語る保護者のカフェ」の内容で、
子育て・子ども教育全般の話題を扱い、保護者、スタッフの皆で楽しく学び合う会です。
 
皆様のご参加をお待ちしております。

お気軽にカフェを楽しむ気持ちでの話題参加も大歓迎です。

日時:H30年12月2日(第一日曜日)次回以降 毎月第一日曜日
   10:30〜12:30
場所:NPO法人レクタス「三ツ境教室」

対象者:レクタス利用会員保護者 
 及び レクタススタッフ、不登校、行き渋り、育児の課題に関心のある方
費用:300円(飲み物、茶菓子付き)

当月の話題:
(1)@思春期問題(再びの課題)について
     ・・・お母さんが直面している困った事とは?
(2)自由テーマ(自分のこと、お子さんのこと、最近の出来事)

お問い合わせ
レクタス霧が丘教室 大島まで
FAX:045-921-4124
mail:join@nporectus.com

20181112_064855383_iOS.jpg
posted by レクタス at 08:22| Comment(0) | 日記

2018年11月20日

モールでガンダム 金沢教室

R君のガンダム

針金で芯を作り、モールをグルグル…
R君の大好きなガンダムができました。
自分のインスタグラムに画像をのせたら、「いいね」がいっぱいついたそうです。
レクタスのブログに載せるの、遅くなりました。
モールガンダム(後).JPG
モールガンダム前.JPG

N君のカプール
試験のプレッシャーのさなか、ほかの子が作った作品を見て、突然「工作魂がわいてきた」というN君。
サササッとこんなフィギュアを作ってから帰宅しました。
ガンダムに出てくるカプールというキャラクターです。
丸い胴体に長い手、ほんとにこんな体型をしているんです。
明るい色合いとユーモラスな表情は、N君のオリジナル。
N君の人柄がよく出ているなあ、と思いました。
石田君カプール.JPG

posted by レクタス at 14:43| Comment(0) | 日記

2018年11月10日

金沢教室←可愛いクッキー

次回はグミを作ってみようと思います、Mチャンと!
金沢教室
posted by レクタス at 21:20| Comment(0) | 日記

可愛いレクタスクッキー

IMG_20181109_152557.jpg
金曜日、小学生のMチャンがレクタスクッキーを焼いてくれました!

今までは〇だけでしたが、さすが女の子、ミッキーやダイヤモンド等楽しそうに形作っていました。
早速できたてホヤホヤの、一番よくできたミッキーを、自宅で待つ妹さんに持ち帰りました!
他のお友達も「凄〜い」と集まり盛り上がっていましたよ!
ありがとうMちゃんウインク
また宜しく〜
posted by レクタス at 21:16| Comment(0) | 日記

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

最近気になっていることの1つです。

学習指導中に、児童生徒が自分でできる学習内容は喜んでアピールするものの、
分からないところを教えてもらうことを、毛嫌いするのです。
学ぶ為に学習教室に来ているのではないのか?と思うのですが。

ここで、仮に数値化して表現すると、
1.0から50 =自分でできる範囲
2.50から100 =指導を受けてできる範囲
3.100を超える=指導を受けてもできない範囲

この2.50から100の範囲は伸び代とも言えます。
この範囲を教えるのが先生であったり指導者となります。

もし、素直に指導を受けないとすると、この伸びしろをつぶすことになります。
だから素直な人は成長するのである、と考えています。

1.0から50の範囲は、自分でやればいいし宿題とすべきものでもない、とも考えています。

さて、なぜ指導されることを嫌うのか?

基本的に記憶は悪いことや嫌なことが残りやすくなります。
何かに失敗してしまい「怒られる」「恥をかく」「行動ができなくなる」などの
記憶が頻繁に残ってしまうと、失敗するのを強く恐れてしまうことになるでしょう。

自閉症スペクトラム障害の人には「あいまい」な部分を理解することが難しく、
「成功」か「失敗」のように、100か0かのような判断しかできないことがあります。
曖昧な判断ができないと、成功でない場合は全て失敗と受け止めてしまい、
失敗の経験を多く重ねるという結果になってしまいます。

こういったことから「失敗を嫌い失敗を恐れる」といった傾向が強まってしまいます。

私も学習指導では、できるところから丁寧に、丁寧に学びを進めていますが、
学校の宿題を持参されたり、中間テストや期末テストの準備学習を持ち込まれると、
私も結果を出したいとの気持ちから、時間との勝負という焦りもありますので、
教え込みたいという気持ちに引きずられてしまいます。

さて、どうしたらよいでしょう?
まずは、「児童の最善の利益」を目指して!対処して行きます。

20181021_043056292_iOS.jpg
posted by レクタス at 11:24| Comment(0) | 日記

2018年11月08日

本のご紹介

こんにちは。

今日は本をご紹介します。

金沢教室の児発管の梅原が執筆に加わった書籍が出版されます。

学校教員向けですが、学習支援に携わる支援者や保護者の方にも参考になると思います。
ご興味のある方はぜひ手に取ってみてください。

「問いを創る授業

子どものつぶやきから始める主体的で深い学び



鹿嶋真弓 編著
石黒康夫 編著
B5/176頁
定価:2592円
発行年:2018年
ISBN:978-4-8100-8714-7



posted by レクタス at 12:08| Comment(0) | 日記

2018年11月07日

英語で遊ぼう 金沢教室 11月

10月に引き続きまして明日2回目を金沢教室で行います。

ご希望の方はご連絡ください。

英語で遊ぼう2 _h30.11..png

045-788-0088
posted by レクタス at 11:18| Comment(0) | 金沢教室

2018年11月05日

金沢教室 モールで広がる夢の世界

以前、他の教室のスタッフの方からいただいたたくさんのモールを、
やっと活かすことができました。
針金にモールを巻いて、みんなが好きなバトルゲームのフィギュアを作ってみました。
曲げやすく、作りやすい素材で、夢の世界が出来上がりました。

S君の「飾り」
ひょひょいのひょい、と、こんなきれいなものができあがったのにはびっくり。
小嶋君飾り.JPG

I君の「戦うナイト」
モンスターと戦うナイトです。
戦うナイト.JPG
城を背に戦います。帽子はとりはずしできます。
城を守るナイト.JPG

I君の「モンスターの戦い」
佐野君闘う2人.JPG
I君の「モンスターたち」
どれも、なんともいえない表情にあふれてますね。
佐野君モンスターズ.JPG

S君の「リング モンスター」
・ピンクの「リング」は、両端を持って回すと、攻撃するパワーがアップします。
・緑いろの2つの輪は、上の輪を通ると現実世界に、下の輪を通ると別の世界に行ってしまうのだそうです。
・黄色いのは鳥のモンスターです。
小嶋君モンスターズ.JPG

S君の「直立型モンスター」
台をつけてしっかり立たせてみました。
ビームで攻撃します。
小嶋君闘うモンスター.JPG


posted by レクタス at 18:42| Comment(0) | 日記
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
過去ログ
検索ボックス
 
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.