2019年01月14日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

「あの人は、やはりきれいだった!」

成人式の苦い思い出。
初恋の人がそこにいたが、挨拶してすれ違う、そんな成人式の日だった。

それから30年の月日が流れ、若くして彼女は突然この世を去った。
早いもので、さらに17年が過ぎている。

仏門の「日曜法話会」では、繰り返し語られる「諸行無常」である。
今日の日は昨日の延長線上にあるわけではなく、明日に続くわけではない。
今日という特別の一日である、と。
‭良いことがあれば、その裏には悪いことがある。
悪いことの裏には、良いことがある。
といったようなことが語られる。

成人式を迎える若者には、
「今日という特別な一日」をしっかりと受け止めて、
精一杯生きて欲しいと願っている。

一番幸せなことは、人の数だけ無数にある。
一番不幸なことはたった一つ。
・・・幸せに気付かないこと。
と教えられた。

20190110_214624786_iOS.jpg

20190109_042622973_iOS.jpg
posted by レクタス at 13:04| Comment(0) | 日記
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.