2018年05月22日

読解力のすすめ

読解力のすすめ

読解力の高い子どもの家庭では、
何が子どもの読解力を育てていたのか?

先日、多摩大学の志賀敏宏教授の講義から、

「語り聞かせ、単語(命令)でない会話(論理、情緒、・・・)」

が家庭内に存在していたからではないかとの説をお聞きした。

私は、正に、そうなのではないかとピンときたので、
今日の学習教室では、論理的な会話を意識してみました。

遊びたいから早く学習を終わりにしたい、とぐずる児童には、
「友達と遊びたい。だから、早く学習を終わらせてください」
と生徒に言わせてから3分前に学習を終了としました。

お母様には、「単語だけではない論理的な会話をしていきましょう。
つまり、“しかし、でも、そして、それから、つまり”といった
接続詞を使った会話を心掛けましょう」などとお話をしました。

20180514_214516063_iOS.jpg
posted by レクタス at 07:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.