2018年07月30日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

読書感想文をどう書くのか?

8月に入ると指導の機会も増えてきます。
さて、自分でうまく書けない子には、どう指導していけばいいのか?

以下の2つのことをインタビューで聞き出して、
文章化の手助けをしてあげればいいでしょう。

@この本を読んで何に気がついたのか。
Aその気づきをどう活かしていくのか。

下記の記事を参考にしてください。

【読書感想文を2時間で仕上げる方法】
 By 樺沢紫苑先生(動画をメモにしました)

・文章は書き始める前に構成を決める。
・まずは何を書くのか定める。
・読書感想文で何を書けばいいのか難しい。
・言葉で話すと意外とすらすらと話せる。
・小学生の子供が読書感想文を書くなら、
 母親と一緒に同じ本を読んだ後に、
 親子で質問したり対話してみる。
・親が子供にいろいろ質問してみる。
・子供の気持ちや感情を引き出してあげる。

・中学生の場合、友達同士でもOK。
・友達と本の内容について語り合う。
・1冊の本について議論できるように深く読む。「深読」
・実際に人と話し合うことが重要。
  ・・・読書会に参加すると、
     理解の深さが圧倒的に深くなりますヨ!(大島)
・意見や感想が自然と出てくるようになる。
・その内容を抑えることが重要。
・思いつく限り、箇条書きにしておく。
・ボイスレコーダーで録音しておくのも良い。
・箇条書きが5から7こ位があれば、
 それをもとに構成を考えていく。
・上起承転結の4段階構成など。

・読書感想文に書くべき2つのこと
 @この本を読んで何に気がづいたのか。
 Aその気づきをどう活かしていくのか。

 ・・・この主人公のように生きていきます。
 ・・・もっと行動変えていきたいと思います。
 決意変化が書いてあるのが良い。
 読む前と後で変化が起きるのが本の面白さ。
 自分の中で起きた変化に着目する。
 ビフォアアフターに注意して感想文を書く。

【まとめ】
 読書感想文の基本的なフォーマット
 @この本を読んでこう思いました。
 A今後はこうしていきたいと思います。

 議論の中で意見や感情を出し合って、
 フォーマットに則って書いていけば良い。
 文章を書き出す前に箇条書きにまとめる。
 箇条書きを膨らまして枚数を埋めていく。
 事前に構成を決めておけばきちんと書ける。
 30分で議論、30分で構成を書く、1時間で文章を書き上げる。
 2時間で読書感想文が完成する。
 普段から文章書いてない人は読書感想文を書くのが難しい。
 感想を書くことで本の理解が深まる、
 読書感想文を書くというチャンスを生かす。
 楽しく読書感想文を書いて下さい!

20180729_060622502_iOS.jpg
posted by レクタス at 10:17| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.