2018年08月06日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

悲しいことがありました!

学習に入る子どもが、美味しそうなパスタの写真を見せてくれる。
今日食べてきた昼食の写真ということです。

子供たちは夏休みに入り、家庭で過ごす時間も増えているでしょう。
このような時に、子供の笑顔が増える方法があります。

料理を子どもと一緒に作る、共同で作る、という方法です。
子どもに手伝わせるということではありません。
あくまで共同作業です。

共同作業は、親子の会話が増えますので、
親子の理解を深めたり、子どもの自尊心を高めたりする
絶好の機会の1つです。

しかし、悲しいことがありました。
「お母さんに、『野菜を切るのが遅い!』と言われてしまったんだよね」

・・・・・うわー!それ言っちゃダメでしょ!(笑)

20180707_040724654_iOS.jpg
posted by レクタス at 07:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.