2018年08月13日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

「教えてはいません」・・・「それが何か?」(笑)

上越教育大学の赤坂真二、西川純先生の言葉ですが、
「『すべては子供たちのために』果たす教育の役割とは何か。
教師の心構えとしては、『教える』ではなく『引き出す』が基本なのである」
とおっしゃっています。

これは、レクタス・塚原理事長が折に触れ伝えている、
「『教える』なんて教育をしてはいけないんだ、
『やる気』や『能力』を引き出す指導をする。
子どもが40人いれば40人の対応が必要になり、
画一的な、教えるなんてことはできないんだ。
こんなことは、40年前からわかっていること・・・」
ということでもありますネ。


さて、今日からは、レクタスもお盆休み入ります。
「東京五輪音頭-2020-」知っていましたか?
https://tokyo2020.org/jp/special/ondo/

スクリーンショット 2018-08-11 09.12.59.png

ここで、完璧に振り付けを学ぼう!
盆踊りでは、思いきりかっこよく、
暑さに負けず祭りを楽しみましょう!
と、いうことで、水分の補給を忘れずに、ご安全に!!

posted by レクタス at 07:40| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.