2018年08月17日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

生徒さんが変わった、「明るくなってよかったね!」の落とし穴

実は、大きな声が苦手な生徒さんがいます。
一方、普段から明るく、はっきりと元気な声の先生がいます。

この先生の学習に入ると、生徒さんも、つい、元気な反応をしてしまうようです。

「さすが先生の指導力だな」と感心したのですが・・・。

ところが、この生徒さんは、家に帰るとぐったりと疲れている様子とのこと。

お母さんのお話しでは、
お子さんは「先生に合わせるために、相当無理をして元気に振る舞っている」と。

「無理をしなくていい」、という学習教室の指導方針なのですが、
この生徒さんには、結果として無理をさせてしまっているようです。

・・・指導する側の勝手な思い込みは危険です。
保護者様との情報交換を大切に考えています。

20180811_233158039_iOS.jpg
posted by レクタス at 05:19| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.