トップページスタッフ日記

2019年04月18日

レクタス 中1ギャップ対策〜その2〜

 部 活

 入学前から運動部に決めている人へ

運動部で青春を謳歌してください。
文武両道というわけにはいかないので、家で勉強をする時間を捻出することはとても難しいですが、
中2の夏頃には、器用にこなせるようになるので、中1の成績はあまり気にしない方が無難です。
とはいっても、副教材(ワーク)は絶対こなすこと。→その方法はお早めに相談を。

 帰宅部がすきな人へ

友達が好きなタイプや学校内の情報を知りたいタイプの人は、緩い部活に入部した方が楽しいでしょう。
最近は、週1回程度のゆるい部活を作っている学校が増えています。帰宅部が好きな生徒向きのようです。

 個別支援級の人へ

学校によっては、部活を指定されるところもあります。
中2や中3生徒や顧問の先生と直に触れ合うことができるので、ぜひ経験をしていただきたいです。

 入部したら

@ 先輩への言葉遣いを勉強する機会です。2年生を真似て3年生への言葉遣いに気を配りましょう。
A どうしても部活が合わなかったら、夏休みまで待って、退部の意思を担任と顧問の先生に伝えましょう。
ただし、退部した後、放課後の暇な時間をどう過ごすかを考えておいてください。
  近くの塾へ通う方法もあります。

入部するのもしないのも、自己決定なので、中学生で部活経験をしなかった人は、高校生になってから是非経験をしてください。

社会人になったら、先輩と仕事をするので、そのための準備と思って経験をしてみてください。


2019041819420000.jpg

部活に入っても入らなくても 中学校生活を応援しています。
無理をしないことも大切



posted by レクタス at 20:02| Comment(0) | 塚&ツカ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
過去ログ
検索ボックス
 
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.