トップページスタッフ日記

2019年12月20日

レクタス・スタッフの今日の気づき

レクタス・スタッフの今日の気づき

深呼吸ってどうやるの?

さて、「深呼吸」の効用とは。
マインドフルネスの最も基本になる瞑想法である「呼吸瞑想」を意識しています。
ひたすら呼吸に意識を向け、呼吸に集中することで脳が休息できます。
そして呼吸瞑想は自律神経を整える効果ももたらします。
結果として、
・集中力が高まる。
・ストレスが解消される。
・洞察力、直観力、想像力が高まる。
・よく眠れるようになる。
という効果があります。

なので、学習の前に、集中力!とリラックス!のために、
「さあ、深呼吸をしてみよう。
 まず、口から吐いて・・・8秒間。
 鼻から吸って・・・4秒間。
 息を止めて・・・7秒間。
 さあ、口から吐いて・・・」
と言ってみましたが、
ここで、問題が分かりました。

そもそも「深呼吸」ができないのです。
そのせいなのでしょうか? 生徒には落ち着きがありません。

では、どうしたらいいのでしょうか?

・・・「深呼吸が難しい人は、ため息から始めてみましょう!」と、解決策が見つかった。

「ため息は、緊張状態が続いて浅い呼吸になったときに、たまった息を吐き出して、緊張状態を緩和しようとする無意識的な体の動きです。ため息をついたときに大きく息を吸い、もう一度大きく吐くというように、そのまま深呼吸を繰り返すとリラックスすることができます」

20191217_032042771_iOS.jpg
posted by レクタス at 08:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
過去ログ
検索ボックス
 
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.