トップページスタッフ日記

2019年11月17日

いつでも ようこそ! レクタス卒業生


金曜日の夕方、レクタスを卒業した生徒がひょっこり訪れました。
制服姿と重そうな学生鞄からして、学校の帰りに立ち寄った様子です。

「いつ報告に来ようかと思いながら、おそくなりました。
父にいつもレクタスまで送ってもらったり、迎えに来てもらっていたので、
レクタスには、報告をしなければと ずっと気になっていまして。」

「実は、9月に父が亡くなりました。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
闘病生活をしていたお父さんのこと。
お父さんとたくさん話ができたこと。
葬儀では、気丈なお母さんが一瞬涙を見せたこと。

今は、仕事をしているお母さんを支えるために、食事の準備や洗濯を一手に引き受けて頑張っていること。

など、夕方の混雑したカフェコーナーでの短いひとときでしたが、
たくさん話を聞くことができました。

卒業した彼女のことを一番心配をしていたスタッフが、あいにく休んでいたので、
また、必ず顔を見せてね と約束をしました。


ゆうきくん.jpeg
(入会して半年 小1Yくんの作品)
 

つかはら
posted by レクタス at 13:45| Comment(0) | 日記

2019年11月16日

第19回 レクタス de カフェ・ディッシェ三ツ境 のお知らせです。

第19回 レクタス de カフェ・ディッシェ三ツ境 のお知らせです。

「“不登校、行き渋り”&“育児について”語る保護者のカフェ」の内容で、
子育て・子ども教育全般の話題を扱い、保護者、スタッフの皆で楽しく学び合う会です。
 
皆様のご参加をお待ちしております。

お気軽にカフェを楽しむ気持ちでの話題参加も大歓迎です。

日時:令和元年12月3日(火)
   10:00〜12:00

場所:NPO法人レクタス「三ツ境教室」

対象者:レクタス利用会員保護者 
 及び レクタススタッフ、不登校・行き渋り・育児の課題に関心のある方

費用:300円(飲み物、茶菓子付き)

当月の話題:
(1)自由にお話しください!
   (自分のこと、お子さんのこと、最近の出来事等) 


お問い合わせ
レクタス三ツ境教室 大島まで
FAX:045-391-3330
mail:join@nporectus.com

20191006_010007645_iOS.jpg
posted by レクタス at 10:39| Comment(0) | 日記

2019年10月29日

保護者学習会を終えて

レクタスご利用の保護者のみなさま

先週に霧が丘教室と金沢教室で進路に関する学習会を開催しました。お集まりいただいた皆様ありがとうございました。当日お配りした資料をご希望される方はお問い合わせください。

多様な個性を育むための進路とその準備は一様ではありません。具体的なご相談は各教室の学習支援担当者や教室長・児童発達支援管理責任者へお問い合わせください。
posted by レクタス at 23:34| Comment(0) | 日記

2019年10月28日

レクタス・スタッフの今日の気づき

レクタス・スタッフの今日の気づき

自立神経を整え、不幸なことを考えることを止める方法!
を考えてみました。

三行日記を書き、備考を読む、というアイデアです。
如何でしょう!
***********************************************

自律神経が整い高める方法の一つとしての「三行日記」

【3行日記】 【令和元年   月   日   曜日】

 1.今日一番失敗したことを書く


 2.今日一番感動したことを書く


 3.明日の目標を書く


備考:
*できるだけ簡潔に、必ず手書きで、ゆっくりと、ていねいに書くと、すっと呼吸が落ち着きます。

*【一日が一生】
 今日失敗したら今日中に整理して次の日にちゃんとできるように今日1日を大切にする。
それが明日に通じることになる。今日1日を一生懸命やらなければ明日もないと言うこと。
いやなことは今日一日で終わり、明日にもちこさない
だから「一日一生」と言う事なんだな。
「一日が一生」と言う気構えで生きていくと、
あんまりつまらないことにこだわらなくなるよ


*人は苦痛を感じると、脳内でその苦痛を麻痺させるために脳内麻薬(エンドルフィン)が
分泌されます。不幸なことを考え続けてしまう、そして痛い状況を作り出してしまうのは、
脳内麻薬が欲しいから、と考えてみると興味深いですね。

*【不幸なことを考えることを止める方法】
「近づかない!」の暗示で縁が切れる!
相手のことが頭に浮かんだり、相手に対する怒りや心配な気持ちにさいなまれたら
「近づかない!」と唱える。すると、離脱症状がすーっと収まるから不思議です。
「近づかない!」と唱えていると、エンドルフィンの離脱症状が消え、エンドルフィンを
求めなくなって、腐れ縁が簡単に切れるようになります。

20191026_073451255_iOS.jpg
posted by レクタス at 11:37| Comment(0) | 日記

2019年10月03日

レクタス・スタッフの今日の気づき

レクタス・スタッフの今日の気づき

英語テキストを読んでいると、
「ミスター ミケ?」と奇妙な氏名が出てきた。
??と思っていると、
隣の英語の先生から「マイク(Mike)」じゃないですか〜」と声がかかった。

やってしもうた!!(笑)

フォニックスで教えているのは、
最後のeは、サイレントe、
その前にある母音は、アルファベット読みになる( イではなくてアイ )ですよね!

では、promise のi はどう読むにでしょうか?
落ち込んでいる場合ではありません。(笑)

20191001_233421608_iOS.jpg

20191001_233449877_iOS.jpg
posted by レクタス at 18:49| Comment(0) | 日記

2019年09月19日

保護者学習会〜中学受験・高校受験に備えて、小学生から〜

保護者学習会のお知らせ
〜中学受験・高校受験に備えて、小学生から〜

 いつもレクタスの活動にご理解とご支援をいただきありがとうございます。
 さて、今年度は特に小学校中学年の会員保護者様を中心に、中学・高校受験についての学習会を開催します。「えっ!中学も入学していないのに、もう高校進学?」と驚かれる方も多いかと思います。
ご本人も含めて、進学先の中学・高校について、手遅れにならないように、心構えをもっていただく機会としました。2会場開催にして、皆さんが参加しやすいように計画しました。会員以外の保護者の皆様には参加費(\500)をいただきます。ぜひ多くの保護者の皆様のご参加をお待ちしております。  
☆申し込み締め切り:10月16日  各教室スタッフへお届けください。


1.開催日時 : 令和元年10月23日(水)、24日(木)  
    午前10時〜12時

2.開催場所 : 23日 レクタス霧が丘教室、 24日 レクタス金沢教室

3.内 容
・高校進学先の多様化
  (こんなに増えた進学先の選択肢。だから今・・・・)
・中学・高校受験までのおよその流れ
  (なぜ小学校3、4年生から準備が必要なのか)
・中学・高校進学先の見学方法ほか
  (どんな機会に、どのような視点で、お子様は?)
・質 疑(小さな疑問でも結構です。何でもご心配なことをどうぞ)

4.講 師
・石川 辰夫(鴨居教室 児発管) 
   元横浜市立中学校長、元ハートフルルーム勤務
・塚原 喜代子(教育アドバイザー)
   元横浜市立小学校教諭、現霧が丘・青葉台教室長

ダウンロード用(上記と同じ内容。申込用紙が付いてます)
R1.10保護者学習会 進学.pdf


以上


posted by レクタス at 14:41| Comment(0) | 日記

2019年09月12日

第18回 レクタス de カフェ・ディッシェ三ツ境 のお知らせです。

第18回 レクタス de カフェ・ディッシェ三ツ境 のお知らせです。

「“不登校、行き渋り”&“育児について”語る保護者のカフェ」
の内容で、
子育て・子ども教育全般の話題を扱い、保護者、スタッフの皆で楽しく学び合う会です。
 
皆様のご参加をお待ちしております。

お気軽にカフェを楽しむ気持ちでの話題参加も大歓迎です。

日時:H31年10月6日(第一日曜日)
   10:30〜12:30
場所:NPO法人レクタス「三ツ境教室」

対象者:レクタス利用会員保護者 
 及び レクタススタッフ、不登校・行き渋り・育児の課題に関心のある方

費用:300円(飲み物、茶菓子付き)

当月の話題:
(1)「一番病」傾向があるお子さんの支援方法
(2)自由テーマ(自分のこと、お子さんのこと、最近の出来事等) 

お問い合わせ
レクタス三ツ境教室 大島まで
FAX:045-391-3330
mail:join@nporectus.com

20190908_051915328_iOS.jpg
posted by レクタス at 15:02| Comment(0) | 日記

2019年09月07日

レクタス・スタッフの今日の気づき

恐るべき子どもたち、「完全に」教えられました!

小学高学年の算数の学習時間です。

全て回答できましたので、たわむれに!

・o-kay
・good
・nice
・excellent
・amazing

と言っていたら、

逆に「『perfect』は完全ですよ」と教えられました。(笑)

20190803_053550959_iOS.jpg

posted by レクタス at 11:54| Comment(0) | 日記

2019年09月01日

霧が丘教室&三ツ境教室スタッフの今日の気づき

夏休みの課題「読書感想文」!

これは、ある意味定番なので、レクタスの先生方はそれなりに勉強済みであり、対応はできる!
しかし、課題を決められてた本を「読んでいないが感想文を書く」という指導ができるか?疑問である。(笑)

ところが、凄い生徒がいるもんだ。
本を読んでもいないのに、明日の提出のために、1時間で読書感想文を仕上げてしまった。

「〇〇は、・・・という内容であるが、これは、私が読んだ『〇〇という本と類似している』(本当か?)
このストーリーは、さすがである。若者の心を捉えている。(意味がよくわからない?)
〇〇という色は、私の解釈では、・・・という意味を持っている。
同様に、〇〇という色は、・・という意味を持っている。
〇〇という色は、・・・という意味を持っている。
と思っている。(だから何なんだ?)
・・・大変参考になった」
というような内容で書いていた。

とにかく、字数の制限をクリアしていた。
驚くべき能力だ。脱帽である!

さて、
【いじめの早期発見におすすめな方法】
・・・私の発見ではありません。
“ママ先生 平田由里子様”の受け売りですが、
「なるほど」と感心しました。

「筆箱チェック」です。
・・・・・・・・・・
筆箱をみると、学校生活の様子がよく分かります。
学校生活で何かあると、筆箱が荒れてきます。
時々お子さんの筆箱をチェックしてみて下さいね。
何かあったときは、
アドバイスせずに、子どもの話をじっくり聞いてください。
・・・・・・・・・・
具体的で、すごく良くわかるアドバイスと思いました。

20190819_234424096_iOS.jpg
posted by レクタス at 18:51| Comment(1) | 日記

2019年08月15日

霧が丘教室&三ツ境教室スタッフの今日の気づき

「ICTに学びを救われる子はあなたのそばにいる」

漢字が読めない、書けないお子さんがいる。
まずは、手書きではなく、キーボードによる入力を覚えていくことが良いのではないか。

さて、そんなお子さんに役に立つ、デジタル教科書がある。
デジタル教科書には音声読み上げ機能がついているし、テキスト入力、ペンの手書き入力もできる。

東京学芸大学附属小金井小学校の活用事例を見てみよう。

例1:
特に読みの困難が強くそのせいで漢字の定着も悪かった小4のAさん。
読み書きの苦手意識がとても強く、無気力で授業中寝てばかりという状態から支援がスタートした。
Aさんの場合、読み上げを活用すれば内容が理解ができることがわかり、書く手段もキーボード入力や音声入力を活用して学習に取り組めるようになった。

例2:
小6のCさん。漢字の読み書きに課題のあったCさん、読みは音と漢字の関連をつなぐこと、書きは書き順を動画やなぞり書きで確認することをアプリを使って練習し、手がかりをつかんでいった。(アプリは、「筆順」がある)
低学年の漢字も定着していなかったが、自尊心を考え6年生の漢字からスタートして戻っていった。
取り組み後、次第にCさんの「書きたい」という気持ちや自信が強まり好循環に転じる。
特性上、過度に丁寧に書くことを求めることは難しかったが、手書きで解決できる場面も増えた。
もともとキーボードでの入力が得意で、場に応じて自ら入力方法を選んで解決することもできたため、ノートをパソコンでとることで情報を集約し、参照する手立ても持てるようになる。
自分の学び方への納得感と誇りは、通常級の学習に参加する際にタブレットを持ち込み活用する姿につながっていった。

・・・という事例からも、キーボードの入力を覚えておくことは最初の必須であろう。
加えて、音声入力は覚える必要もなく活用できる。

20190809_001739495_iOS.jpg
posted by レクタス at 07:08| Comment(0) | 日記

2019年08月01日

霧が丘教室&三ツ境教室スタッフの今日の気づき


夏休み真っ最中ですが、
親子げんかも真っ最中ではないですよね。(笑)


疲れてお父さんが帰ってきます。
「おい、スマホばかりやってないで勉強しろ!」

お子さんは、
・・・今やろうと思っていたのに・・・
「ウザイなー!」と言い返すと、

お父さんは、
「ウザイとは何だ!親に向かって言う言葉か!」と怒鳴ってきます。


・・・・・これって、「勝ち敗け争い」ですね。
「勝ち敗け争い」の時は、どっちも自分が正しいと思っているから、相手に勝とうとすると、争いが永遠に続きます。

「勝ち負け争い」から抜けるコツは、「負けてもいいから、話し合える関係を作ること」です。

ポイントは、できるだけ落ち着いた「声」と「言い方」をするといいですが、
例えば、
「お父さんも心配なのかもしれないけど、今からしようかと思っているとこで言われると、私もイライラしちゃうの。
お父さんと喧嘩したいわけじゃないから、いきなり強く言うのはやめて欲しい。
私も変に反抗しないようにするから」
って言ったら、お父さん、どんな反応するだろうね?

こちらが落ち着いて話すと、お父さんも落ち着いて返してくれる可能性が、高まると思います。
本当は、お父さんの方からそうして欲しいところだけど、
「勝ち負け争い」は、「心理的に大人」の方から折れる必要があります。

・・・・・ここでは、お子さんが大人になって下さいね。(笑)

20190728_010235511_iOS.jpg
posted by レクタス at 08:45| Comment(0) | 日記

2019年07月21日

霧が丘教室&三ツ境教室スタッフの今日の気づき

教育改革のポイントは3つです!

来年から教育が大きく変わります。
教育改革のポイントは3つです。

1つ目、小学校から英語も3年生から始まります。

2つ目のポイントは、プログラミング。
コンピュータのプログラミングは、小学校1年生から始まります。

そして、三つ目、この3つ目のポイントが一番の肝です。
今までの教育の考え方をガラッと変えます。
今までの教育は、みんなが同じが良い事だったんです。
とにかくみんなが同じ。
個性をどうやって伸ばしていくかと教育に変わるということが、
教育改革の3つ目のポイントなんです。

教育改革を次々に進めていって、人口が減ることを嘆くよりも、
人口が減ることを強みに変える国作りをやっていく。
・・・そんな政治に期待をしたいと思いますが、

レクタスではどうか?
1つ目、2つ目の英語とプログラミングは先生が勉強すればいいだけのこと。
心配はいらない。(勉強すればね!(笑))
3つ目は、個性をどうやって伸ばしていくかですが、
レクタスでは、個性にあった学習に正面から向き合ってきているのでこの延長線上にある。
さらに進めて、「教える学習」から「学ばせる学習」に手間暇をかけていけばいいのだろう、と理解しているところです。

20190702_064849850_iOS.jpg
posted by レクタス at 08:51| Comment(0) | 日記

2019年07月03日

第17回 レクタス de カフェ・ディッシェ三ツ境 のお知らせです。

第17回 レクタス de カフェ・ディッシェ三ツ境 

のお知らせです。


「“不登校、行き渋り”&“育児について”語る保護者のカフェ」
の内容で、
子育て・子ども教育全般の話題を扱い、保護者、スタッフの皆で楽しく学び合う会です。
 
皆様のご参加をお待ちしております。

お気軽にカフェを楽しむ気持ちでの話題参加も大歓迎です。

日時:H31年8月4日(第一日曜日)
   10:30〜12:30
場所:NPO法人レクタス「三ツ境教室」

対象者:レクタス利用会員保護者 
 及び レクタススタッフ、不登校・行き渋り・育児の課題に関心のある方
費用:300円(飲み物、茶菓子付き)

当月の話題:
(1)我が子の場合、将来を見据えて、
   ・中学では何を学ぶことがいいのか?
   ・小学ではどのように過ごしたらよいのか?
(2)自由テーマ(自分のこと、お子さんのこと、最近の出来事等) 

お問い合わせ
レクタス三ツ境教室 大島まで
FAX:045-391-3330
mail:join@nporectus.com

20190702_064519442_iOS.jpg
posted by レクタス at 23:35| Comment(0) | 日記

2019年06月30日

霧が丘教室&三ツ境教室スタッフの今日の気づき

過去は変えられる!

なぜか?
過去の失敗は笑い話にできる。
失敗を糧にして成功するまで挑戦していく。
という意味で「失敗は成功のもと」と言えるが・・・。

ところが、
そのようにできる人ばかりではないとの意見があった。
「それは、挑戦できる人だけであって、
俺は失敗のくり返しを積み重ねてきたので、動けない」と言われたのだ。

やはり、
失敗させない、小さな成功を積み重ねるという指導・環境が必要だ。

一方、
“The only man who never makes mistakes is
the man who never does anything.”
by Theodore Roosevelt 
『ミスをしない人間は、何もしない人間だけだ』
by セオドア・ルーズベルト

ということもあるので、我々は、ミスを恐れるな!とも言いたい。

20190625_001757788_iOS.jpg
posted by レクタス at 21:10| Comment(0) | 日記

2019年06月06日

霧が丘教室&三ツ境教室スタッフの今日の気づき

元気に生徒が入って来た。

小学校の運動会があり、徒競走は6名で走り2位だったという事でした。
「頑張ったネ!良かったネ」と言ったのだが、

学習後お母様に聞くと、途中までは1位であったが、ゴールのときにはタッチの差で2位になったとのこと。
本人もトップを狙っていたと。

だとすると、それは、
「頑張ったネ!でも残念だったね!」と言わねばならなかった。

「◯◯君は何位を狙っていたの?」
「どんなレースだったの?」

と聞いてあげなくてはいけなかったのだ!
大失敗だった。

20190527_021326910_iOS.jpg
posted by レクタス at 19:55| Comment(0) | 日記

2019年05月29日

レクタスのあゆみ更新しました。

令和元年度版を更新しました。

ご興味のある方はダウンロードしてご覧ください。

レクタスのあゆみ_令和元年度版.pdf
posted by レクタス at 11:13| Comment(0) | 日記

2019年05月17日

霧が丘教室&三ツ境教室スタッフの今日の気づき

運動会!励ましはNG?

子どものタイプにあった声掛けでやる気UP!
(プレシャス・マガジン・やまだともこトレーナーのコラムから!)

運動会当日になったとき、親として、子どもにどんな声を掛けますか?

1.運動も得意で負けず嫌いな子
  「自分を信じて!いってらっしゃい!!」っていうのが、効く。
  このタイプの子には、「がんばって!」と声を掛けるのは、アリです。

2.あがり症の子には、
  「大丈夫!」と言ってあげましょう。
  このタイプの子には、「がんばって」とは言わない方がいいかもしれません。

3.お調子者のタイプは、
  「思いっきり楽しんでおいで!」「ここから観てるからね!!」
  と笑顔で伝えましょう。

また、終わった後に不本意な結果だった場合の方がどんな声を掛けるかよいでしょうか。 

1.まずは、
  「悔しかったねー!」からスタート。 
 
2.そのあとで 
  「がんばったんだもんね。」と、過程に注目。 
  
3.そして最後に
  「ママは、あなたを一番かっこいいって思ったよ!」と。

・・・・・基本的には、テスト結果に対する声掛けにも、
     学習指導の声掛けにも使えるでしょうか。

20190505_220201207_iOS.jpg
posted by レクタス at 07:28| Comment(0) | 日記

2019年05月14日

ノイ事務所

現在、当法人のホームページをリニューアル作業を行っています。

今のページが始まってもう10年くらい経つと思います。時間とともに我々の状況は大きく変化していきました。教室が増えたり、余暇教室が増えたり減ったり、クラブ活動が立ち上がったり消滅したり、放デイを始めたり。今年も相談支援事業「計画相談支援室レクタス」を始めました。

レクタスITアドバイザーの方に教えを請いながら素人の私が更新していくうちに継ぎはぎだらけ、昔の情報のまま更新されてないページも目立ってきました。

というわけでリニューアルに踏み切ることにしました。

今回もお世話になるのはデザイナーの竹内房代さんです。

これまでホームページだけでなく、レクタスのロゴ、名刺、パンフレット(講演会、各教室チラシ)などほぼすべてのデザインでお世話になってきました。カニングハム先生講演会のチラシ作成では、いつもこちらが講演内容を大まかに伝えましたら、素材を一から作り上げるところからデザインをやってくださいました。「障害」「福祉」「多様性」「子ども」「親」などの言葉を視覚的イメージにするとこうなるのかと上がってくるチラシの原案を見ながら感心したものです。

近頃、ご自身のデザイン事務所を立ち上げられたとのこと。
「ノイ事務所」
(思わず、「かっけぇ〜」と声が漏れます)

わたしたちのチラシも載っておりました。
こちら

今度のホームページは、もう少しシンプルでスリムにしようと考えています。

しばらくお待ちください。

すが
posted by レクタス at 19:36| Comment(0) | 日記

2019年05月07日

「学習指導・教材研究会2.0」がスタートします。

「学習指導・教材研究会2.0」がスタートします。

自主研究会ですが、第1回は令和元年(笑)5月20日です!

今年の研究会テーマは、以下とおりです。
(1)スタッフ研修会で取り上げられたテーマについて「やってみた・実践報告」
(2)コミュニケーションの取り方について「やってみた・実践報告」
(3)“読むこと”、“話すこと”の指導を「やってみた・実践報告」
(4)指導における私の悩み相談コーナー

スタッフの一人として参加する私も、
学び続ける中で、「学びの向こう側」にある、
もっと大切なものがある事に気付きを得られたらと、
ワクワク感を持って楽しみにしています。

指導する立場のスタッフとして、
学習に通ってくる児童生徒にとって、
学ぶ目的とは?
学ぶ意味とは?
を掘り下げて考えていけたらとの想いもあるのです。

文責:大島仁

20190506_065327582_iOS.jpg
posted by レクタス at 18:42| Comment(0) | 日記

2019年05月05日

霧が丘教室&三ツ境教室スタッフの今日の気づき

ゴールデンウィーク明けからの登校について

レクタスでは、お子様の来室を笑顔で!お待ちしております!

さて、子どもたちは、新学期から環境に慣れようと
一生懸命頑張ってきたはずです。
学習が苦手であったり、対人関係作りに苦労したりする子どもたちにとっては、
学校は過酷な生活環境と言えるでしょう。
1週間近い連休に入ると張り詰めていた心が急激に弛緩し、
4月には頑張れていたものが、
5月には頑張れないといったことが起きやすいものです。

そこで、保護者の皆さんからお子さんに、
「あなたの頑張りを見ているよ。それだけでもすごいよ」と
励ましていただけるとうれしいです。
そうすると子どもは安心できますし、
安心すると前向きな気持ちが出やすくなります。

緊張は人を委縮させます。
お母様の笑顔がなによりです。

20190502_052644371_iOS.jpg
posted by レクタス at 22:15| Comment(0) | 日記
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
過去ログ
検索ボックス
 
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.