2019年07月03日

第17回 レクタス de カフェ・ディッシェ三ツ境 のお知らせです。

第17回 レクタス de カフェ・ディッシェ三ツ境 

のお知らせです。


「“不登校、行き渋り”&“育児について”語る保護者のカフェ」
の内容で、
子育て・子ども教育全般の話題を扱い、保護者、スタッフの皆で楽しく学び合う会です。
 
皆様のご参加をお待ちしております。

お気軽にカフェを楽しむ気持ちでの話題参加も大歓迎です。

日時:H31年8月4日(第一日曜日)
   10:30〜12:30
場所:NPO法人レクタス「三ツ境教室」

対象者:レクタス利用会員保護者 
 及び レクタススタッフ、不登校・行き渋り・育児の課題に関心のある方
費用:300円(飲み物、茶菓子付き)

当月の話題:
(1)我が子の場合、将来を見据えて、
   ・中学では何を学ぶことがいいのか?
   ・小学ではどのように過ごしたらよいのか?
(2)自由テーマ(自分のこと、お子さんのこと、最近の出来事等) 

お問い合わせ
レクタス三ツ境教室 大島まで
FAX:045-391-3330
mail:join@nporectus.com

20190702_064519442_iOS.jpg
posted by レクタス at 23:35| Comment(0) | 日記

2019年06月30日

霧が丘教室&三ツ境教室スタッフの今日の気づき

過去は変えられる!

なぜか?
過去の失敗は笑い話にできる。
失敗を糧にして成功するまで挑戦していく。
という意味で「失敗は成功のもと」と言えるが・・・。

ところが、
そのようにできる人ばかりではないとの意見があった。
「それは、挑戦できる人だけであって、
俺は失敗のくり返しを積み重ねてきたので、動けない」と言われたのだ。

やはり、
失敗させない、小さな成功を積み重ねるという指導・環境が必要だ。

一方、
“The only man who never makes mistakes is
the man who never does anything.”
by Theodore Roosevelt 
『ミスをしない人間は、何もしない人間だけだ』
by セオドア・ルーズベルト

ということもあるので、我々は、ミスを恐れるな!とも言いたい。

20190625_001757788_iOS.jpg
posted by レクタス at 21:10| Comment(0) | 日記

2019年06月06日

霧が丘教室&三ツ境教室スタッフの今日の気づき

元気に生徒が入って来た。

小学校の運動会があり、徒競走は6名で走り2位だったという事でした。
「頑張ったネ!良かったネ」と言ったのだが、

学習後お母様に聞くと、途中までは1位であったが、ゴールのときにはタッチの差で2位になったとのこと。
本人もトップを狙っていたと。

だとすると、それは、
「頑張ったネ!でも残念だったね!」と言わねばならなかった。

「◯◯君は何位を狙っていたの?」
「どんなレースだったの?」

と聞いてあげなくてはいけなかったのだ!
大失敗だった。

20190527_021326910_iOS.jpg
posted by レクタス at 19:55| Comment(0) | 日記

2019年05月29日

レクタスのあゆみ更新しました。

令和元年度版を更新しました。

ご興味のある方はダウンロードしてご覧ください。

レクタスのあゆみ_令和元年度版.pdf
posted by レクタス at 11:13| Comment(0) | 日記

2019年05月17日

霧が丘教室&三ツ境教室スタッフの今日の気づき

運動会!励ましはNG?

子どものタイプにあった声掛けでやる気UP!
(プレシャス・マガジン・やまだともこトレーナーのコラムから!)

運動会当日になったとき、親として、子どもにどんな声を掛けますか?

1.運動も得意で負けず嫌いな子
  「自分を信じて!いってらっしゃい!!」っていうのが、効く。
  このタイプの子には、「がんばって!」と声を掛けるのは、アリです。

2.あがり症の子には、
  「大丈夫!」と言ってあげましょう。
  このタイプの子には、「がんばって」とは言わない方がいいかもしれません。

3.お調子者のタイプは、
  「思いっきり楽しんでおいで!」「ここから観てるからね!!」
  と笑顔で伝えましょう。

また、終わった後に不本意な結果だった場合の方がどんな声を掛けるかよいでしょうか。 

1.まずは、
  「悔しかったねー!」からスタート。 
 
2.そのあとで 
  「がんばったんだもんね。」と、過程に注目。 
  
3.そして最後に
  「ママは、あなたを一番かっこいいって思ったよ!」と。

・・・・・基本的には、テスト結果に対する声掛けにも、
     学習指導の声掛けにも使えるでしょうか。

20190505_220201207_iOS.jpg
posted by レクタス at 07:28| Comment(0) | 日記

2019年05月14日

ノイ事務所

現在、当法人のホームページをリニューアル作業を行っています。

今のページが始まってもう10年くらい経つと思います。時間とともに我々の状況は大きく変化していきました。教室が増えたり、余暇教室が増えたり減ったり、クラブ活動が立ち上がったり消滅したり、放デイを始めたり。今年も相談支援事業「計画相談支援室レクタス」を始めました。

レクタスITアドバイザーの方に教えを請いながら素人の私が更新していくうちに継ぎはぎだらけ、昔の情報のまま更新されてないページも目立ってきました。

というわけでリニューアルに踏み切ることにしました。

今回もお世話になるのはデザイナーの竹内房代さんです。

これまでホームページだけでなく、レクタスのロゴ、名刺、パンフレット(講演会、各教室チラシ)などほぼすべてのデザインでお世話になってきました。カニングハム先生講演会のチラシ作成では、いつもこちらが講演内容を大まかに伝えましたら、素材を一から作り上げるところからデザインをやってくださいました。「障害」「福祉」「多様性」「子ども」「親」などの言葉を視覚的イメージにするとこうなるのかと上がってくるチラシの原案を見ながら感心したものです。

近頃、ご自身のデザイン事務所を立ち上げられたとのこと。
「ノイ事務所」
(思わず、「かっけぇ〜」と声が漏れます)

わたしたちのチラシも載っておりました。
こちら

今度のホームページは、もう少しシンプルでスリムにしようと考えています。

しばらくお待ちください。

すが
posted by レクタス at 19:36| Comment(0) | 日記

2019年05月07日

「学習指導・教材研究会2.0」がスタートします。

「学習指導・教材研究会2.0」がスタートします。

自主研究会ですが、第1回は令和元年(笑)5月20日です!

今年の研究会テーマは、以下とおりです。
(1)スタッフ研修会で取り上げられたテーマについて「やってみた・実践報告」
(2)コミュニケーションの取り方について「やってみた・実践報告」
(3)“読むこと”、“話すこと”の指導を「やってみた・実践報告」
(4)指導における私の悩み相談コーナー

スタッフの一人として参加する私も、
学び続ける中で、「学びの向こう側」にある、
もっと大切なものがある事に気付きを得られたらと、
ワクワク感を持って楽しみにしています。

指導する立場のスタッフとして、
学習に通ってくる児童生徒にとって、
学ぶ目的とは?
学ぶ意味とは?
を掘り下げて考えていけたらとの想いもあるのです。

文責:大島仁

20190506_065327582_iOS.jpg
posted by レクタス at 18:42| Comment(0) | 日記

2019年05月05日

霧が丘教室&三ツ境教室スタッフの今日の気づき

ゴールデンウィーク明けからの登校について

レクタスでは、お子様の来室を笑顔で!お待ちしております!

さて、子どもたちは、新学期から環境に慣れようと
一生懸命頑張ってきたはずです。
学習が苦手であったり、対人関係作りに苦労したりする子どもたちにとっては、
学校は過酷な生活環境と言えるでしょう。
1週間近い連休に入ると張り詰めていた心が急激に弛緩し、
4月には頑張れていたものが、
5月には頑張れないといったことが起きやすいものです。

そこで、保護者の皆さんからお子さんに、
「あなたの頑張りを見ているよ。それだけでもすごいよ」と
励ましていただけるとうれしいです。
そうすると子どもは安心できますし、
安心すると前向きな気持ちが出やすくなります。

緊張は人を委縮させます。
お母様の笑顔がなによりです。

20190502_052644371_iOS.jpg
posted by レクタス at 22:15| Comment(0) | 日記

2019年04月28日

霧が丘教室&三ツ境教室スタッフの今日の気づき

やってみた・実践報告!

・・・
教えたくないほど(笑)、うまい言い換えがあるものです。


では、

「間違い!」「バツ!」 が言えない、言わない。

ではどうするか?

「オヨヨ!」「あれー!」「ぷー!」と言う手があります。


「ダメ!」が言えない、言わない。

ではどうするか?

「ちょと待って!」と言う手があります。

20190420_061815645_iOS.jpg



posted by レクタス at 21:10| Comment(1) | 日記

2019年04月23日

スマイルカフェ訪問

今日はスマイルカフェにお邪魔してきました。

場所は能見台地域ケアプラザにて毎月第4週の火曜日に開催しております。

活動の経緯を聞きますと、18年前に療育センターで知り合ったお母さんたちが立ち上げた障害児者親子のためのカフェとのことです。おいしいコーヒーとパンをいただきながら悩みを話したり情報を共有したりできる場所です。私も、レクタスを利用されている方のご紹介がきっかけで知りました。ボランティアで元学校の先生やお知り合いの方たちが集まって和やか雰囲気でした。

金沢区近隣にお住いの方はぜひ行かれると良いですよ。

チラシをご覧ください。
スマイルカフェ.png
ツイッターはこちら↓
https://twitter.com/5milecafe


すが
posted by レクタス at 15:24| Comment(0) | 日記

2019年04月21日

第16回 レクタス de カフェ・ディッシェ三ツ境 開催のお知らせです。

第16回 レクタス de カフェ・ディッシェ三ツ境 開催のお知らせです。

「“不登校、行き渋り”&“育児について”語る保護者のカフェ」
の内容で、
子育て・子ども教育全般の話題を扱い、保護者、スタッフの皆で楽しく学び合う会です。
 
皆様のご参加をお待ちしております。

お気軽にカフェを楽しむ気持ちでの話題参加も大歓迎です。

日時:H31年5月5日(第一日曜日)
   10:30〜12:30
場所:NPO法人レクタス「三ツ境教室」

対象者:レクタス利用会員保護者 
 及び レクタススタッフ、不登校・行き渋り・育児の課題に関心のある方
費用:300円(飲み物、茶菓子付き)

当月の話題:
(1)新学期、お子さんの友だち関係はうまく作れていますか?
(2)自由テーマ(自分のこと、お子さんのこと、最近の出来事)

お問い合わせ
レクタス霧が丘教室 大島まで
FAX:045-921-4124
mail:join@nporectus.com

20190416_235909546_iOS.jpg
posted by レクタス at 15:20| Comment(0) | 日記

2019年04月11日

霧が丘&三ツ境教室スタッフの今日の気づき

「授業参観」最優先で見るべきは…

授業は、言ってみれば、よそ行きの行動ばかりです。
実は親が見るべきいちばん大事なものは、ズバリ“休み時間”です。
子どもが休み時間をどのように過ごしているか、ぜひ見てください。
そうすれば、新しい環境に適応できているか否かがよくわかります。

理想を言えば、親が自分を見ているということに、子どもが気づいていない状態で見られればいちばんいいでしょう。
子どもが親の目を意識すると、普段と違う行動をする可能性が出てくるからです。
休み時間に楽しく幸せそうなら適応できていると言えます。

なお、昼休みの後に掃除時間を設けている学校も多いと思います。
掃除時間も昼休みと同じく子どもたちの本当の姿が見られる時間帯ですので、見ておくといいでしょう。

・・・・・教育評論家 親野 智可等 様のアドバイスですが、
いいお話しと思いましたのでご紹介いたしました。

20190329_002716991_iOS.jpg
posted by レクタス at 13:05| Comment(0) | 日記

2019年04月02日

霧が丘&三ツ境教室スタッフの今日の気づき

スタッフ研修会で、こんな議論がありました。

1.児童生徒が頑張らないでいいところ
2.お子様を頑張らせたい保護者
3.指導成果を出したいスタッフ

あるべき姿とそれぞれの想いが交差する。

基本は、
放課後ディサービスの基本的役割である
「子どもの最善の利益の保障」と、
健全な発達支援・育成を行っているという
ブレない軸を持っていることが重要だ。

そのためのスタッフ研修会である!
と理解しています。


「レクタス」(ラテン語)=「誠実」
誠実を旨として、和を尊び、動ぜずぶれない行動を続けたいものです。

20190402_051112348_iOS.jpg
posted by レクタス at 14:20| Comment(0) | 日記

2019年03月27日

第15回 レクタス de カフェ・ディッシェ鴨居&三ツ境 のお知らせです。

第15回 レクタス de カフェ・ディッシェ鴨居&三ツ境 のお知らせです。

4月は「鴨居教室」!です。

「“不登校、行き渋り”&“育児について”語る保護者のカフェ」
の内容で、
子育て・子ども教育全般の話題を扱い、保護者、スタッフの皆で楽しく学び合う会です。
 
引き続き毎月開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

お気軽にカフェを楽しむ気持ちでの話題参加も大歓迎です。

日時:H31年4月7日(第一日曜日)次回以降 毎月第一日曜日
   10:30〜12:30
場所:NPO法人レクタス「鴨居教室」

対象者:レクタス利用会員保護者 
 及び レクタススタッフ、不登校・行き渋り・育児の課題に関心のある方
費用:300円(飲み物、茶菓子付き)

当月の話題:
(1)進級、進学における課題とその対処法を考える。
(2)自由テーマ(自分のこと、お子さんのこと、最近の出来事)

お問い合わせ
レクタス霧が丘教室 大島まで
FAX:045-921-4124
mail:join@nporectus.com

20190327_011047488_iOS.jpg
posted by レクタス at 10:16| Comment(0) | 日記

2019年03月20日

今月の本    都筑ふれあいの丘教室

IMG_0676.JPG


都筑図書館から本を借り始めて、1年半が経ちました。
30日間で30冊の本を借りることができます。

いつもはスタッフ2人で選んでいるのですが、今回は、スタッフ7人で選んでみました。
いつもと違う視点で選ばれた本。とても新鮮です。
posted by レクタス at 18:54| Comment(0) | 日記

2019年03月18日

文芸誌レクタス 2019年 4号

先週「文芸誌 レクタス 2019年春 4号」が出ました。

各教室に置いてあります。

ご覧ください。

文芸誌レクタス 4号.png
posted by レクタス at 14:54| Comment(0) | 日記

2019年03月15日

霧が丘&三ツ境教室スタッフの今日の気づき

スタッフ研修会で、こんな議論がありました。

1.児童生徒が頑張らないでいいところ
2.お子様を頑張らせたい保護者
3.指導成果を出したいスタッフ

あるべき姿とそれぞれの想いが交差する。

基本は、
放課後ディサービスの基本的役割である
「子どもの最善の利益の保障」と、
健全な発達支援・育成を行っているという
ブレない軸を持っていることが重要だ。

そのためのスタッフ研修会である!
と理解しました。

20190310_044927077_iOS.jpg
posted by レクタス at 10:03| Comment(0) | 日記

2019年03月08日

保護者カフェ  都筑ふれあいの丘教室



IMG_0675.JPG

3月5日火曜日 都筑ふれあいの丘教室で保護者カフェを行いました。
参加者は8名。
この春、就職が決まった高校3年生のお子さまをお持ちの保護者おふたりに、進学や就労などを中心にこれまでのご苦労をお話しして頂きました。

それぞれが通う高校や就職先の具体的なお話しもたくさんしていただきましたが、
最後に、大切なこと、としてこんなお話しをしてくださいました。

進学先も就職先も、最後は「自分自身が決める」こと。
そのためには、いろいろなことを「自分で決められる」こと。
「自分で決める」ためには、生活の中で「選択する力」を身につけること。
「選択する力」をつけるためには、様々な経験を重ねて、自分の好きなこと、得意なこと、苦手なこと…などを知っておくこと。

ということでした。
レクタスでも、子どもたちに「自分自身で決める」力を付けられるよう、声掛けをしていきたいです。
posted by レクタス at 18:24| Comment(0) | 日記

2019年03月06日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

心に響くいい話を2つお聞きしました!

1.教育とは“いのち”を育てること。
 “いのち”は一人ひとり違う。
 “いのち”は自分がどう生きたいか自ら知っている。
 “いのち”は“いのち”と出会うことで育っていく。

 ・・・・・自分はどう生きたいかは子ども自身が知っている。
 教育という名の下に社会の都合に合わせて教育していないだろうか?


2.一番幸せなことは無数(人それぞれ、人間の数だけ幸せがある)
  一番不幸なことはたった一つ
   ・・・幸せに気付かないこと。

20190301_031334289_iOS.jpg

posted by レクタス at 10:05| Comment(0) | 日記

2019年02月25日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

小学生のお子さんですが、学校の宿題を持参されて、
一所懸命問題に取り組んでいました。

私:「先生は、かけ算、割り算、たし算、ひき算の
いろいろな問題を作ってくれて、いい先生だね」

生徒:「これは、パソコンで問題を持ってきただけ。
苦労していないよ」

・・・私には、何故、この言葉が発せられるのか意味が分からなかった。

実は、その真意は、先生をけなすことで生徒自身の価値を高める、
ほめて欲しいという意識があるのだという。
私は、そこには気付かなかったです。
お子さんの抱える課題が一つ分かったと言うことですね。

しかし、私もけなしの対象になっているのだろうか?(笑)

ところで、件の生徒とは学区が違う生徒が、学校の宿題を持参しました。
そのプリントをみたら、問題の配置、内容が件の生徒と同じでした。(笑)

できる生徒もできない生徒も同じ課題をやらされているということでもあります。
できる生徒にとっては、やらなくてもいい問題を解いているということで、
全く生産性の上がらない作業をさせられているということでもありますネ。

生徒、それぞれに合った課題を丁寧に進めていきたいと考えているところです。

20190221_020940383_iOS.jpg
posted by レクタス at 08:34| Comment(0) | 日記
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.