2018年07月23日

夏限定メニュー

IMG_20180723_144550.jpg
今日から夏休み!
毎日猛暑が続いています。
金沢教室では、夏の定番、かき氷始めましたよ!
カラダも心もスッキリさせて暑さを乗り切りましょう!
posted by レクタス at 14:50| Comment(0) | 日記

レクタス・フリースクールについて

「レクタス・フリースクールについて」

ソーシャルスキルの低い生徒では、「学び合い」、「集団教育」を嫌う傾向にあります。
そのような状況のままでは、残念ながら社会に出て生き残れることが辛くなります。

私共は、そのような生徒にはよく話を聞いて、嫌だということに寄り添います。
その上で、今後の社会の中で生き残るには何が必要なのかを一緒に考え行動し、頑張れる適切な方法を探していきます。
ただし、無理をすることなく、適応できるまでには、数か月から年単位の時間が必要かもしれません。
しかし、今、変えようと始めなければ一生変わることはできません。

集団生活の悩みを抱えて、レクタス・フリースクールに通うことになる生徒は多いはずです。
そこで、小集団の中で経験を積むことで、集団だからこそ面白いことができると実感できる個々の生徒にあった学習方法、内容を実施いたします。
そして、レクタス・フリースクールを卒業し、それぞれが目指す「外」に巣立って行かれることの自立支援をすすめてまいります。

レクタス・フリースクールで学ぶか学ばないかは、本人の希望があるかもしれません。
しかしながら、本人がどのように成長をしていくのが良いかを考えて、保護者としての判断をしていただくことが重要と考えています。
 
他に適切な学ぶ場所をお持ちのお子さんには、私共もそちらで学ぶ応援を致します。
一方、他に適切な学びの場がないお子さんにあっては、レクタス・フリースクールで学ぶチャンスをつかんでほしいと願っています。
ちゅうちょしないで、「とにかくやってみましょう!」行動からしか未来は開けません。
私共と一緒に未来に向かって歩んで行きましょう。

まずは、面談・説明会のご希望をお待ちしております。

パンフレットは、こちらを御覧ください。
http://nporectus.sblo.jp/article/183607550.html

連絡先は、レクタス霧が丘教室大島まで 
FAX:045-921-4124、
E-mail: join@nporectus.com

以上、よろしくお願い申し上げます。
大島 仁

20180721_013143604_iOS.jpg
posted by レクタス at 13:48| Comment(0) | 日記

2018年07月20日

スタッフ研修会



毎月1回スタッフ研修会を行っております。


ミニ実践報告として
@失敗事例から 編物教室
・子どもと対等に付き合うこと
・子どもを安心させることの大切さ
・安心から学びが始まること
・保護者は心配のあまり注意が多くなり逆に子どもが緊張してしまう
・編物をしながら学校でのいろいろな悩み・不満などを気軽に話せるサロンになっている
などの報告がありました。

A「書道での苦手意識を和らげる働きかけ」
・渦巻きを書いてもらいウォーミングアップ
・肘の使い方
・ゲーム性を出して楽しく取り組めるような工夫
・「籠字」で手本をなぞりやすくする
・手本を横に置いての清書
・水書き書道 間違えても消えるので失敗した感覚がなくてチャレンジをしやすくなる

事例発表では、
「保護者面談」
〜中学生以上の子どもの同席の保護者面談について〜
・親子間での意思疎通が思った以上に図れていないこと
・子どもが前向きに課題に取り組むために同席を試みた
・学習課題の検討において、保護者と支援員だけでなく子どもの意思も反映させられること
・子どもの意思が反映されているため、勉強を促す声掛けを受け止めてもらいやすくなったこと
・保護者の前で本人を褒めることで、子どもがとてもうれしそう

一方で、課題として
・子どもを目の前にすると話す内容、聞かせることができる内容が限定される
   →数回に面談を分けて個別に行うなどの対応をしてはどうか?

・子ども自身が自分の気持ちを適切に表現できない場合は?
  →自己表現がうまくでいない子には普段から子ども自身の希望や想い汲んでいこうとする姿勢が大切
等があがった。

すが
posted by レクタス at 18:56| Comment(0) | 日記

2018年07月17日

第5回「レクタス・まぜこぜカフェ鴨居」開催のご案内

レクタスご利用の皆様には、常日頃よりレクタスの支援を賜り感謝申し上げます。

「レクタス・まぜこぜカフェ鴨居」を毎月定例で開催しております。

【7月22日(日)10:00〜13:30 開店です】

レクタスに在籍の現役、OB、OG、保護者、スタッフの居場所・カフェのご提供となります。
お気軽にご利用・ご参加いただければ幸甚です。  

2018-07-16 (1).png
posted by レクタス at 15:00| Comment(0) | 日記

2018年07月16日

霧が丘教室スタッフの今日のきづき

読書感想文を書く方法を5分間で解説します。

子供たちは、これから夏休みに入っていきますが、
夏休みの宿題、
「読書感想文をどうやって書いたらいいのだろう?」
と子どもから、時には大人からも質問が寄せられます。

そういうことでしたら、以下のYouTubeを見てください。
5分間で解説します。

「読書感想文を2時間で書く方法」
https://www.youtube.com/watch?v=I_ExNjku_Qs

以上、情報共有ということで、
ご案内いたしました。(笑)

20180613_012100741_iOS.jpg
posted by レクタス at 15:17| Comment(0) | 日記

2018年07月07日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

「感情を聞くと言う技術」

小学3年生の元気君が学習に入る。

5分もすると、「もうムリ!! できない!!」と。

「漢字」学習や「時刻と時間」の学習をしていると、
突然の宣言を発してくる。

まだ5分しかたっていない、どうしたものか?

そこで、
・えー、何言っているの、まだ五分しかたっていないよ。
・いい、これから算数の計算問題をやるよ。わかった。
・何がムリなの?

以上は、あえてNGパターンを並べてみました。

では、少しましな、現状を認める対応、
△:「もうムリなんだね・・・」

一歩進めて、5分間頑張ったことに着目し、
そして、感情を理解する対応があった。
〇:「もうムリなほど頑張ったんだね・・・」

・・・さあ、相手はどう出てくるのだろうか?
楽しみでもある。

image1 (4).jpg
posted by レクタス at 08:32| Comment(0) | 日記

2018年07月05日

小数と整数をどう教えるか(金沢教室のスタッフ研修から)

小数の指導

 6月26日、児発管の梅原さんが、学習指導スタッフの研修のため、Cさんの小数の学習を行いました。その様子を紹介します。
整数と小数04S.jpg


―Cさんと学習した少数―

 小数とは何者なのでしょうね。
 「小数と整数はどちらが先に発見されたと思う?」
という問いを発すると、大人の中にも意外と整数の方が先に生まれたと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。実生活の面では、小数が先に生まれたのです。
 その証を授業でやってみましょう。

◎用意するもの
 元になるカップ…1個  水…適量  水を入れる入れ物

整数と少数画像02.JPG

以下、▼は梅原、◇はCさんです。

▼ ここにある水は、どれくらいの量があるのでしょうね。
◇ 〇? ▽? などなど。
▼ 実際に計ってみましょう。
 このように言って、用意しておいたカップを出し、子どもに計らせる。
◇ 3個と……ちょっとあまった。
▼ ではそれをカップに入れて、目盛りのどこまで?

整数と小数03S.jpg

◇ 小さい目盛り4つ分。
▼ 合わせるとこの水の量は、カップ3杯と4目盛りですね。カップ1杯分入った水と、カップ1杯にならなかった水を区別するために、ここに点を入れましょう。
 と言って、「3.4」と書いてみる。3杯4目盛り。そして、これを「3てん4」と読むよ。この点を小数点と言うよ。小数点より左側は整数だよね。

※このようにして、いろいろな水の量をカップで計ってみる。意図的に4杯とか2杯というように、残りのない水の量を計る。これを4.0(4てん0)、2.0(2てん0)と読むこと。しかし、小数点以下の0は限りなく続くので、省略して4(よん)、2(に)のように読むし、記述することを指導する。このような学習の後で、

整数と小数06.JPG

▼ 整数と小数はどちらが先に発見されたのかね。
◇ 小数。

 理由を聞くと、このカップでちょうどという水は、気をつけないとない。たいてい普通にカップで水を飲むときは、適当に水を入れるから。

IMG_0062.JPG

 子どもの言うとおりです。日常生活では、ちょうど……ということは、意識的に作らない限りあんまりないのです。自然に用意されているものは半端が多いのです。

      13 .7 ⇒ 13    .    7
             整数  小数点  小数第1位 
     (元になるカップ13杯分)(元になるカップ1杯分にならない。
                          あまった量)
 (文・梅原幸子)
posted by レクタス at 16:37| Comment(0) | 日記

2018年06月30日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

学ぶことからアウトプットすることが大切。
まず、やってみよう!

image1 (2).jpg

・二次障害は、だめなことばかりを指摘され続け、叱られすぎているケースでよく起こります。
早ければ小学校低学年でもあります。
例えば椅子にじっと座ることができない子がいたとします。
お母さんが、子供の「長い間じっと椅子に座ることが難しい」と言う特性を理解していなければ、子供がいつから立ち上がるたびに、「こら!ちゃんと座ってて!」「なんで座っていられないの!?」「断っちゃっダメって、言ってるでしょ!」と、声をかけ、子供を椅子に座らせようとするでしょう。
この場合、子供がお母さんに言われていることはわかっているけれど、自分ではどうにもできなくてずっと苦しんでいます。
座らなきゃと思うけれど長い間それが続かない。
やりたくてもできないのですね。

・「叱られ、否定されても、行動を変えられない脳の特性」があり、「自信がなくなり気味」な発達障害の子供たちを伸ばす方法は、肯定の言葉がけ、肯定のコミニケーション以外にないのです。

・立ち歩いて叱られてばかりいる子供には、座っていたら褒められると言う意識をどうやって植え付けていくかが大切です。 砂時計はそのため補助的な視覚支援に役立ちます。
1分ができたらさっきとひっくり返してもう一度。
砂時計であれば簡単です。

・じっと座っているトレーニング
1分間座る練習、
それができたら3分間座る練習です。
「田中くん、まず、一緒に1分間座ろう」でも構いませんし、「私がかっこよく1分間座ってみせるから、田中君も真似してくれるかな」でもかまいません。
男の子には「かっこよく」、女の子には「可愛らしく」が決まり文句です。
posted by レクタス at 11:57| Comment(0) | 日記

2018年06月26日

金沢教室の造形教室 6月

I君 古代遺跡のジャンプゲーム

お子さんはいろんな物を見て、大人には想像もできないような「見立て」をしてくれます。
I君は、紙で成型された家電の梱包材に、スナップボタンをのせて、ポン! あっというまに、こんな楽しい「ジャンプゲーム」ができました。
紙のザラザラした質感が「古代遺跡みたいだね」。はまると怖い毒沼や、暗号のなぞかけ(左上)もあります。ゴールにたどり着くと、お宝がもらえます。
真ん中に建っているのは、巨大な顔の像なのです。

佐野君6月.jpeg

S君 ボトルレーシングカー

S君はペットボトルを使ったレーシングカー作りにチャレンジ。前に、車を作ったことがあるのですが、今回は2週かけて、スタート台まで作りました。色紙をまっすぐ切って、段ボールの真ん中に上手に貼れました。
輪ゴムをひっかけて手を放すと、ビューン!と進みます。

小嶋君6月_1.jpeg
小嶋君6月_2.jpeg

posted by レクタス at 16:53| Comment(0) | 日記

2018年06月20日

横浜南部療育センター

療育センター訪問し、現状をお聞きして、悩んでいらっしゃる方が多いのにあらためて考えさせられました。
担当の方が、保護者、特に母親支援の必要性を訴えておられたのが印象的でした。
レクタスがまさに力を注いでいる保護者支援、保護者カフェを通じて、或いは学習終了後等でも、気軽に相談に来ていただけるような環境を作っていけたらと感じた一日でした。

吉田
posted by レクタス at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年06月18日

教材作り 金沢教室より

P_20180618_141321.jpgP_20180618_141301.jpg


ジオボードと言います。スタッフの吉田が作成しております。

これで平面図形の学習をする予定です。

posted by レクタス at 15:24| Comment(0) | 日記

2018年06月14日

蜂の巣退治から蜂の子試食

レクタス放課後等デイサービス金沢教室にあしなが蜂の巣を見つけました。昨日、利用者の保護者とお子さんが帰りがけに見つけて教えていただきました。

ここは家屋が密集した閑静な住宅地。利用者はもちろんのこと、ご近所にもご迷惑が掛かってはいけません。
早速対策をスタッフで練りました。「役所に電話は?」「業者を紹介されて結構高くつくかも」「完全防備で立ち向かうか?」「誰がやる?・・・・・」

解決策

霧が丘教室でも、市民の森が近いためか軒先に蜂の巣が作られてたことがありました。そのたびに理事長が蜂バスターとして駆除に当たっていました。理事長に相談。すぐに車を走らせ、2時間後には金沢教室へ駆けつけてきました。

あっという間の蜂の巣駆除。

こちらが蜂の巣。
P_20180614_171839.jpg

その後、爪楊枝で蜂の子をほじくりだし、
P_20180614_172053.jpg

理事長「これは美味しんだよ!」フライパン、砂糖、醤油が用意されました。
P_20180614_172543.jpg

P_20180614_172611.jpg

勇気を出して初めての試食。
P_20180614_173024.jpg

お子さんの自然体験学習として良い学びのチャンスだったかもしれませんが、あいにく利用者は不在。虫が苦手な子どもも多いので、中には通所を怖がってしまう子もいるかもと利用者一人ひとりの顔を思い浮かべながら、口の中に広がる未知なる味を噛み締めました。甘醤油の後ろから立ち昇る蜂の子の風味。

安全安心のレクタス金沢教室に戻りました。

利用者の皆様へ。安心してお越しください。

ご利用見学希望の方もお待ちしております。

すが




posted by レクタス at 20:43| Comment(0) | 日記

2018年06月12日

レクタス霧が丘スタッフの今日の気づき

幸せでいるために、1秒のことばを大切にしよう。

・はじめまして
・ありがとう
・がんばって
・おめでとう
・ごくろうさま
・さよなら
等々

そして、完璧を望まないこと!
20180504_021934650_iOS.jpg
posted by レクタス at 23:58| Comment(0) | 日記

2018年05月31日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

親がいじめに加担していた!

間接的にいじめをしている親は多くいる。
それは過干渉である。

「傘を持っていきなさい。」
 
こんな言葉は小さな子供に向けられるもので、
10歳以上の子供に向けるべきものではない。

「今日は午後、雨の予報です」と教えるだけでいい。

親の過干渉は領空侵犯なのである。
それを続けると子供は領空侵犯をしやすくなったり、
反対に領空侵犯をされやすくなったりする。

つまり、いじめをしたり、いじめにあったりする。

上記は、「いじめから子どもを守ろうネットワーク」
で紹介の、親と子の話。


一方、社長と秘書の関係になると話は別だ。
秘書が、「社長、今日は午後、雨が降ってきます」
と言ったところで社長の役にたたない。

「社長、今日は午後、雨です。傘を持って行ってください」
と、問題と対策まで言わなければ忙しい社長の役にたたない。
・・・これは、マネージメントの基本の話でした。(笑)
20180529_075434946_iOS.jpg
posted by レクタス at 22:10| Comment(0) | 日記

2018年05月29日

今年は・・・珍しい?

お隣のお宅のアメリカハナミズキが、今年はやけにきれいだなあと思っていたら、
霧が丘教室のプールの向こうにある「ヤマボウシ」の花がきれいに咲きました。
やはり親戚同士ですね。今年はミズキたちの年なのかも知れません。

P5150003.JPG

本当の花の外側に大形で白色の総包片が4枚あり、花弁のように見えます。
山の中でこの花を見つけると、なぜかほっとします。

今日は、ここに引っ越してから2回目の珍客です。

P5290019.JPG

ナナフシが、ぼーっと(失礼!どうしてもそう見えてしまいます)
木の上にいました。擬態の名人だけあります。
よーく見たら、やはり目もあるし、触覚もあるし、昆虫ですね。

P5290021.JPG

7つの節があるのではなく、「7」はたくさんの意味とか・・・
ナナフシは自重の40倍の重量を運搬することができるとも書いてありました。

ドイツの大学で運搬ロボット製作でナナフシを研究材料にしたとか・・・
ナナフシモデルと呼ばれる6脚ロボットが開発されたそうです。
「ぼーっとしている」なんて、ほんとうに失礼しました。
posted by レクタス at 17:02| Comment(0) | 日記

保護者カフェ 第2回 金沢教室

保護者カフェ 金沢教室

日時:6月22日(金)
    10:00〜12:00ごろまで

場所:レクタス金沢教室
    横浜市金沢区金沢町8第三和光ハイツ2号室
    kanazawa@nporectus.com
045-788-0088

参加費:無料

対象:どなたでも(レクタス会員、非会員関係なく)

お申込:電話・メールでご連絡ください。当日申込も大丈夫です。

備考:お車でお越しの場合は事前にご連絡ください。駐車場が1台分あります。
posted by レクタス at 16:25| Comment(0) | 日記

2018年05月22日

読解力のすすめ

読解力のすすめ

読解力の高い子どもの家庭では、
何が子どもの読解力を育てていたのか?

先日、多摩大学の志賀敏宏教授の講義から、

「語り聞かせ、単語(命令)でない会話(論理、情緒、・・・)」

が家庭内に存在していたからではないかとの説をお聞きした。

私は、正に、そうなのではないかとピンときたので、
今日の学習教室では、論理的な会話を意識してみました。

遊びたいから早く学習を終わりにしたい、とぐずる児童には、
「友達と遊びたい。だから、早く学習を終わらせてください」
と生徒に言わせてから3分前に学習を終了としました。

お母様には、「単語だけではない論理的な会話をしていきましょう。
つまり、“しかし、でも、そして、それから、つまり”といった
接続詞を使った会話を心掛けましょう」などとお話をしました。

20180514_214516063_iOS.jpg
posted by レクタス at 07:45| Comment(0) | 日記

2018年05月17日

金沢教室の造形教室 5月(2)

金沢教室では、工作が大好きな2人が、毎週、次々と作品を作り出しています。
学習が終わった後のお楽しみタイムです。
この日はS君が、プレイコーナーでスタッフYの作ったミニオンを見て、学習室へ。
工作が始まると、スタッフが集めた材料のなかから、はしごのようなものを見つけ、「かんごくから脱走するミニオン」を作りました。

▼ミニオンがはしごを上ってる! 左上は脱走口だそうです。
DSC_3689.jpg

▼スタッフYが作ったミニオン。
吉田さん作ミニオン.jpg

▼こちらは「パコパコロボット」です。
DSC_3690.jpg

posted by レクタス at 15:07| Comment(0) | 日記

2018年05月13日

レクタス霧が丘スタッフの今日の気づき

20180512_004321957_iOS.jpg

〇〇の恨みは深い!

学習に入っても、上の空で集中できない児童がいた。

私、「何かあったの?」
児童、「お昼にお代わりができなかったんだよね。アイツは食べていたのに」
私、「おかずが残っていなかったの?」
児童、「お代わりはだめだって言われた」

•••••事の真相は、何かの行動が原因で、
先生から罰としてお代わりをさせてもらえなかったようだ。
罰の方法が適当かどうかの問題はあるが、
食い物の恨みは深いようです!

その後、
児童、「でも、もういいや」と、学習に入ってくれました。
posted by レクタス at 22:07| Comment(0) | 日記

2018年05月02日

霧が丘教室スタッフの今日の気付き

20180502_002634382_iOS.jpg

GWも後半へ!
ラグビーの試合や船釣りの予定が入る子ども達。
今日は、少し落ち着かなく、少しにぎやかで、華やかな教室であった。

私は、何を?
「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」
にあやかって見るのもいいのかもしれない。
・・・どんな犠牲を払ってでも、決して降伏はしない!
   Never!
興奮の決意の中にもCoolingは必要だ。
思索の散歩をして来よう。(笑)

20180501_233732422_iOS.jpg
posted by レクタス at 20:53| Comment(0) | 日記
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.