トップページスタッフ日記

2012年03月17日

冬から春へ


卒業おめでとう 今年もそんな時期になりました。

フラワー.JPG

親御さんには 「おめでとうございます」と挨拶をするのが精一杯。


編み物1.JPG

ほっとされた顔を拝見すると、これまでのご苦労が思い出されて感慨深くなってしまいます。

編み物2.JPG

ことし就労する子どもが2名います。
特に、その親御さんにお会いすると、「ほんとうにお疲れさまでした。」

編み物4.JPG

「よくここまで成長されましたね。ご家族のみなさんのおかげですね。」

編み物3.JPG

感慨深く、ただ喜びをかみしめているだけ

フラワー2.JPG


みなさん

1年間 ごくろうさまでした

進級おめでとう

元気でいてくれてありがとう


(写真は、3月フラワー教室、2月手芸教室の作品より)






posted by レクタス at 18:43| Comment(0) | 塚&ツカ

2011年09月10日

変身

bbqjyunbi.JPG

今朝の学習室です。

学習机も椅子も文具の入ったワゴンもありません。

きょうは レクタスを支えてくださっている 正会員 のご家族をお招きする日でした。
posted by レクタス at 18:31| Comment(0) | 塚&ツカ

2011年09月01日

来年のカブトムシは?

レクタスの夏休み指導も終わり、秋を迎える準備の時期となりました。
プール・デッキも片付け、何となく寂しさのただよう気配です。
しかし、まだまだ暑いですね。そう、ざんしょ!

今日は、カブトムシの秋の準備をしました。

例年のように、カブトムシのオスは殆ど生き残っていません。
今年は例年になくオスばかりが多く生まれたのですが、
今の季節は、メスばかりという状況です。

来年も子どもたちに喜んでもらえるように
産み残された「卵」を集めて、新しい寝床に入れてあげました。

RIMG0071.JPG

100個程の卵がありましたので(丸くて白い2〜3mmほどの大きさの卵)

来年の夏に何匹のカブトムシが成虫になるか楽しみです。
来年こそは、子どもたちに1匹ずつ配ることができるでしょうか。
posted by レクタス at 15:47| Comment(0) | 塚&ツカ

2011年08月19日

きょうは やっと涼しくなりましたが、集中豪雨と雷で水泳教室は中止となりました。

夏休みも残すところ 一週間となりました。
後半の猛暑のために、保護者の皆様には、特にながいながい夏休みだったかもしれませんね。

最近保護者の方で咳をしている方が多くなりました。
病院も夏休み中でお困りのようです。
お疲れのことと思います。くれぐれもお大事にしてください。

病院と言えば
この半年間にいろいろな病院体験をしました。

横浜労災病院、昭和大学藤が丘病院、横浜新緑病院、池袋藤久ビルクリニック、かかりつけのみどりクリニック、白神医院、さくら歯科医院、、、、

いろいろな医者や技師や看護師と出会い、いろいろな検査器具や検査室や施設やシステムを体験しました。

レクタスとの共通部分も学びました。

P2011_0819_163552.JPG  
(カフェテーブルに置いてあります。まちがっても飲まないように)




posted by レクタス at 17:20| Comment(0) | 塚&ツカ

2011年08月17日

学生ボランティア

kafe2.JPG
(カフェのテーブルがかわりました)


きょうは、学生ボランティアが3名来てくれました。

レクタスでは、開放プールの監視員、水泳指導、カフェ接客、事務仕事などをお願いしています。

それぞれの大学での学びや適正を生かしながら、

子どもたちに接したり事務仕事をこなしたりしています。

子どもたちも気軽に話しかけたり、質問をしたりしています。
年齢が近いせいでしょう。

学生たちは、みんないい顔をしています。
学生にしか味わえない夏休みを謳歌しているようです。
posted by レクタス at 18:04| Comment(0) | 塚&ツカ

2011年08月14日

明日から再会 再開

きょうで一週間の夏期休暇が終わる
明日は久しぶりの再会
レクタス夏期教室後半のはじまり

スタッフたちは どんな休暇を楽しみ何を考えたでしょうか?

塚原たちは ひたすら人生の片付けをしておりました。

晴れ猛暑の朝より 
防虫ネットと蚊取り線香をぶら下げて
プールサイドの片付けと草取り。。。ゴミ袋10袋以上の収穫いい気分(温泉)  

本の整理
ブックオフ十日市場店へはじめての搬入
300冊を超えていましたが、たったの千円と少し  
教育専門書は人気薄とはわかっていましたが、がっくりバッド(下向き矢印)

つづいて 配置換え

exclamation×2みんな びっくりするでしょう exclamation×2

daini.JPG

(第2学習室です)



posted by レクタス at 12:38| Comment(0) | 塚&ツカ

2011年06月23日

教育相談

教育相談が終わりそうにありません。

家庭訪問や個人面談の前後には例年殺到します。

面談予約の合間をぬって歯医者へ行ったり銀行へ行ったりする5月です。

そろそろ相談も下火になるころかしら?
と思っているのですが、

まだまだ予約が入ってきます。

保護者のみなさまの関心度が高いのでしょうか?

でも昨日は お子さんの教育相談ではなくて

「チャイルド・アート・ディレクターさん」のことで相談でした。

こんな相談もいいものですね。


posted by レクタス at 21:25| Comment(0) | 塚&ツカ

2011年03月20日

計画停電の生活

ドイツやニューヨークや九州のみなさまにもご心配いただいていますので、レクタス近辺の様子をお知らせします。

一昨日の午前10時半頃、計画停電中に十日市場へ出かけました。
もちろん信号機も停電ですが、バスは動いていました。ただし平日も休日ダイヤです。
横断歩道などでは互いに譲り合って事故もなくスムーズに流れていました。

目的のクリニックはビルの3階にあります。
エレベーターが止まっているため裏の非常階段から上がって3階のドアを開けます。そこは処置室に通じていました。いつもなら混んでいて座る場所もない待合室が、ガランとしていました。
「11日、地震のときは手術中ではなかったのですか?」と、主治医に尋ねると、「はい、大丈夫でした。手術中だったら大変なことになっています。」と、疲れたご様子。
薬の処方は手書き、受付では領収書はでません。薬の処方箋を持って薬局へいくと真っ暗。窓がないのです。クリニックが明るかったのはビルの角地だったからです。

駅周辺の銀行は全て閉店。ダイエーやローゼンは午後2時〜4時の2時間だけ開店すると掲示してありました。

kobusi.jpg
こぶしの花

いま わたしにできることは・・・・
節電です。ひたすら節電をしています。

☆トイレの便座スイッチを切る。
☆便座にはカバーをつける。
(停電中に窓辺で、娘に譲り受けたU型便座カバーをO型に縫い直しました)
☆防犯灯を消す。
☆炊飯器を使う回数を減らす。
☆電気ポットは使わない。
☆電子レンジやオーブントースターを使わない。
(蒸し器で温める。網で焼く。)
☆仕事は昼間明るい窓辺でする。


haname.jpg
さくらの花芽がこんなに膨らんでいました

被災地が早く暖かくなりますように
posted by レクタス at 17:56| Comment(0) | 塚&ツカ

2011年03月15日

3月15日計画停電


おはようございます。
お子さんたちは
いつものように家族で朝をむかえて
いつものように朝食を食べ
いつものように支度をして登校されたことと思います。


3月15日(火)レクタスの計画停電予定時刻をお知らせします。

午後6時20分〜午後10時です。

本日の学習シフトが午後6時以降の方については、早い時間帯に振り替えていただきました。

くれぐれも無理をなさらないようにしてください。



いま わたしたちにできることは・・・・
と問いかけながら、レクタススタッフ一同いつものように子どもたちと向き合っています。

3.15.jpg

気温が下がってきました。
節電し過ぎて風邪などひかないように
暖かくしてお元気でお過ごしください。



posted by レクタス at 08:21| Comment(0) | 塚&ツカ

2011年03月07日

研修日記8


研修先で、スクールライブのチラシと保護者学習会のチラシを中高生のお子さんがいる人に渡した。
当然私の個人情報が漏れた。なんだか仕事がやりにくくなった。
しかし、背に腹はかえられない。
スクールライブが大事だ。

「よく 後援が とれましたね。」
はじめて “後援” に気づいてもらえた。
うれしかった。

「今度 共催という形で やれたらいいですね。」
と、声がかかった。
これも“後援”のおかげかもしれない。
ありがたかった。


退職日が近くなった。
posted by レクタス at 22:45| Comment(0) | 塚&ツカ

2011年02月05日

豆まき

きのうは朝から大豆を踏んでばかり。玄関にも潰れた大豆が散乱。
出勤してきたスタッフ石田も、「外を掃いてきます。大豆がたくさんですね。」


2月3日の夜、最後の生徒が帰宅するのを待って、

コモンの恒例  「鬼は〜〜外!」 「福は〜〜内!」が、始まりました。


mame.JPG


コモンよりもっと手強い 「豆まきの達人」 の話をします。

達人ご一家では、毎年2月3日を楽しみにしています。

その日は朝から落ち着きません。
学校が終わるのを待って一目散に家に帰り、おじいちゃんの家に集まります。
甥っ子姪っ子兄弟姉妹叔父伯母伯父叔母全員集合しました。

おじいちゃんの家での一大イベントの始まりです。

「鬼は〜〜〜外〜  福は〜〜〜内〜 」

おじいちゃんがまく豆の中に exclamation&questionexclamation&questionexclamation&questionが入っているのです。

ときには お菓子の包みの中に
またあるときには、部屋のどこかに忍ばせ
さらには 豆に小さく書き

甥っ子姪っ子たちはexclamation&questionexclamation&questionを手に入れようと必死の争奪戦がはじまります。




・・・・ですから 3日はレクタスに勉強に来られる状態ではないのです・・・・とおっしゃいました。・・・・こんど体育館でやってください。ツカハラも参加したいです。






posted by レクタス at 19:06| Comment(0) | 塚&ツカ

2011年01月27日

受験

受験シーズン真っ最中です。

関東地方は晴天続きなので、受験会場への交通の遅れなどの心配はありませんが、
乾燥が続いてインフルエンザが心配。


レクタスにも数名の受験生がいます。

「さようなら、いつもどおりがんばってね。」と、

肩の力を抜いてさりげなく送り出しますが、

内心は、祈る思いです。


どんな結果になろうとも、

あなたの努力は決して人生の無駄ではないのですから。



なぐさめの言葉をたくさん用意していた生徒から電話がありました。

「先生、ありがとうございました。おかげさまで無事に試験が終わりました。」
「もう結果が出たの?」
「いえ、まだです。でも、もしも落ちたら、また次の試験をがんばります。」

こんなに強く逞しく成長したんですね。




posted by レクタス at 22:56| Comment(0) | 塚&ツカ

2011年01月17日

針仕事

学習の合間に「手芸教室」に参加している子どもは 5名程度ですが
意外や意外
縫い針も上手に使えました。

布の裏側を見ないで、裏から針を刺して表に出すことなんて
すぐにできるようになりました。
布を持った指のすぐ脇に針が出てきますが、指を刺すことはありません。

和裁技術に優れた日本人は、幼い頃よりこうやって針仕事をしていたのでしょうか。

syugei1.JPG

本格的に 和裁教室をやってみたくなりました。
posted by レクタス at 22:13| Comment(0) | 塚&ツカ

2011年01月02日

2011年


あけましておめでとうございます

関東地方のみなさまは 初日の出をあびて

とても穏やかなお正月を迎えられたこととおもいます。


九州の実家では 元日に雪屋根の雪下ろしをしたそうです。


2011年の気候は どんなでしょうね?

暑さや寒さに逆らわず 猛暑や大雪とともに生きていく力を備えましょう。


レクタスは ことしも 皆さまと共に また一歩 成長していきます。

これからもご支援とご協力をよろしくお願いいたします。


posted by レクタス at 21:40| Comment(0) | 塚&ツカ

2010年12月21日

サンタさんへ

帰り間際に玄関ポーチで、スヌーピーサンタに手を合わせています。

プレゼントを渡しますように 
プレゼントを渡しますように

と、お願いをしている声が聞こえました。


受付カウンターの上のカレンダーを指で数えて
「あと何日ですね。」
と、わたしに再確認します。


にこにこ笑顔の子どもたち

保護者も何だかワクワクしています。

irumibasu.JPG

昼間何度かイルミネーションバスに乗りました。
窓のポスターに こんなことが書いてありました。
「○○営業所有志職員がそれぞれ道具を持ち寄って飾り付けしたもので、不慣れ不十分な点もあるかと思いますが・・・・」

飾り付けをしているときには、さぞかし楽しかったことでしょうね。
夜に乗ってみたいものです。
posted by レクタス at 22:49| Comment(0) | 塚&ツカ

2010年12月15日

研修日記7

「研修日記6」から二ヶ月が過ぎた
二ヶ月の間にも新鮮な体験をした
何ヶ月経っても、何年経っても、新鮮な体験は続くかもしれないと思う

たとえば

toire seisoutyu.JPG

トイレの入口の この立て札を見て 人々はどのような行動をとるか?

a 黙って入ってきて、用をたし、黙って出て行く
b あら、ごめんなさ〜い と言って 用をたし、ごくろうさまっ と去っていく
c 入っても大丈夫ですか〜? と聞き 答える前に 入ろうとする
d いま 使えますか〜? と 入ってきて聞く 
e あら、掃除してるのね と 聞こえるように言う
f もっちゃうよ〜 と慌てたふりをして 入ってくる
g 気づかれないように 待つ
h ほかのトイレを使う

限られた時間の中で清掃作業をしている者にとっては
入ってこられると 作業が中断する
作業の流れが止まってしまう
アラカンのツカハラでも 一旦外へ出て 用をたし終わるのを待つしかない

そこで 立て札に 「ほかのトイレを使ってください」 と表示して
入口に バケツやモップやブラシなどをバリケード代わりに置いてみた

それでも またいで 入ってきて 用をたす人もいる


年齢や性別によって 行動パターンがあるようで おもしろい




 
posted by レクタス at 00:35| Comment(0) | 塚&ツカ

2010年10月31日

ハロウィン

今年も霧が丘4丁目の子どもたちが

思い思いに仮装をしてやって来る予定でした。

ところが

あいにく台風のために中止。

子どものカフェのクッキーを100枚焼いて用意していました。 バッド(下向き矢印)


harowi-n.JPG

子どもが

行事に加わって 

ワイワイ 楽しむ

おとなも よその子どもの面倒をみる

近年 そういうことが 必須になってきましたね。
posted by レクタス at 22:32| Comment(0) | 塚&ツカ

2010年10月10日

あらまほしきことなり

生まれて初めての本格的なフラワーアレンジメントです。

上手にできていると言われても、殆どお師匠様の言うとおりに挿し込んだだけでした。

それにしても「何事にも先達はあらまほしきことなり」でございますなあ。(お師匠様の話し方まで似てきてしまいました)

ikebana.jpg

☆ 本日のポイント ☆

@一番高い花を決めて、全体の高さを決める。

A同色系統の色の花なら、あちらこちらに挿してもよい。この場合は黄色のバラは別の色なので一カ所にまとめるほうがよい。

Bカーネーションの花のしなりなど、その花本来の形を生かす。

C挿してある花の下の部分が見えないようにする。

Dシダで下の広がり、バックを作って、安定した立体感を醸し出す。


保護者のみなさまも ぜひ お試しください。  (コモン)



posted by レクタス at 21:39| Comment(0) | 塚&ツカ

2010年10月09日

芸術の秋

レクタスのカフェコーナーでは 

ハッピースイーツお菓子教室「ピザ作り」が佳境に

piza.jpg

そして となりの学習室では

フラワー教室のはじまりです。

どっちが 先生かって?
hana1.jpg
トラちゃんせんせい????
「こどもは なんてすばらしいんでしょう。 展覧会をひらきたいですね。」
と海戸園さん。


Aちゃんの芸術性高い作品に刺激されて
コモンが生け花に挑戦
hana3.jpg
師匠のおかげで コモンの処女作もみごとに完成!

海戸園社長 いえトラちゃんせんせい いえ師匠
憲太郎君、鶴見よりはるばるお越しいただき
ありがとうございました!!!!


11月のフラワー教室は

20日(土)午後です。
posted by レクタス at 22:09| Comment(0) | 塚&ツカ

2010年10月04日

研修日記6

「子育て」と「トイレ掃除」と相通ずるものがあることに気づいた

便器の黒ずみ 
輪になった黒ずみ
が、知らないうちに消えてきていることを発見した

尿酸によく効き値段も安い某トイレ洗剤を購入してもらったのは4月
しかし長年かかって付いた黒ずみは消えなかった

ところが 十数個ある便器のうちの一つの黒ずみが
ある日 消えかかっていた

まさか!! 


トイレ掃除では 毎回某洗剤をかけてブラシでこする
数ヶ月繰り返しているうちに 消えてきたらしい



教育という仕事も 
あきらめずに繰り返し継続していくうちに
いつか 「できた」「成長した」と
実感できる日がくる


便器の黒ずみも
ミクロの世界で少しずつ少しずつ消えていたにちがいない
肉眼で確認できるようになったときに
はじめて 黒ずみが「消えた」と認識をしたにすぎない


子どもは 毎日 毎時 毎分 毎秒 
さまざまな刺激を受けながら 
ミクロの世界で少しずつ少しずつ成長を続けている
時には 大人の目には退行しているかのように見える
しかし そういうときこそ 子どもは一歩前に進もうとしている

そうして 子どもが一歩進んだときに
はじめて大人は「成長」を認める

日常の生活での
日々の繰り返しの中から
子どもは成長の糧を得ている

大人には気づくことができないけれど
子どもは ミクロの世界で少しずつ少しずつ成長をし続けている





posted by レクタス at 00:56| Comment(0) | 塚&ツカ
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
過去ログ
検索ボックス
 
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.