2018年06月30日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

学ぶことからアウトプットすることが大切。
まず、やってみよう!

image1 (2).jpg

・二次障害は、だめなことばかりを指摘され続け、叱られすぎているケースでよく起こります。
早ければ小学校低学年でもあります。
例えば椅子にじっと座ることができない子がいたとします。
お母さんが、子供の「長い間じっと椅子に座ることが難しい」と言う特性を理解していなければ、子供がいつから立ち上がるたびに、「こら!ちゃんと座ってて!」「なんで座っていられないの!?」「断っちゃっダメって、言ってるでしょ!」と、声をかけ、子供を椅子に座らせようとするでしょう。
この場合、子供がお母さんに言われていることはわかっているけれど、自分ではどうにもできなくてずっと苦しんでいます。
座らなきゃと思うけれど長い間それが続かない。
やりたくてもできないのですね。

・「叱られ、否定されても、行動を変えられない脳の特性」があり、「自信がなくなり気味」な発達障害の子供たちを伸ばす方法は、肯定の言葉がけ、肯定のコミニケーション以外にないのです。

・立ち歩いて叱られてばかりいる子供には、座っていたら褒められると言う意識をどうやって植え付けていくかが大切です。 砂時計はそのため補助的な視覚支援に役立ちます。
1分ができたらさっきとひっくり返してもう一度。
砂時計であれば簡単です。

・じっと座っているトレーニング
1分間座る練習、
それができたら3分間座る練習です。
「田中くん、まず、一緒に1分間座ろう」でも構いませんし、「私がかっこよく1分間座ってみせるから、田中君も真似してくれるかな」でもかまいません。
男の子には「かっこよく」、女の子には「可愛らしく」が決まり文句です。
posted by レクタス at 11:57| Comment(0) | 日記

2018年06月26日

金沢教室の造形教室 6月

I君 古代遺跡のジャンプゲーム

お子さんはいろんな物を見て、大人には想像もできないような「見立て」をしてくれます。
I君は、紙で成型された家電の梱包材に、スナップボタンをのせて、ポン! あっというまに、こんな楽しい「ジャンプゲーム」ができました。
紙のザラザラした質感が「古代遺跡みたいだね」。はまると怖い毒沼や、暗号のなぞかけ(左上)もあります。ゴールにたどり着くと、お宝がもらえます。
真ん中に建っているのは、巨大な顔の像なのです。

佐野君6月.jpeg

S君 ボトルレーシングカー

S君はペットボトルを使ったレーシングカー作りにチャレンジ。前に、車を作ったことがあるのですが、今回は2週かけて、スタート台まで作りました。色紙をまっすぐ切って、段ボールの真ん中に上手に貼れました。
輪ゴムをひっかけて手を放すと、ビューン!と進みます。

小嶋君6月_1.jpeg
小嶋君6月_2.jpeg

posted by レクタス at 16:53| Comment(0) | 日記

2018年06月25日

名曲と読書・・・美術の時間もいいでしょう!

6/24、「まぜこぜカフェ鴨居」の様子です。
お客様との会話や、名曲、読書を楽しんでいます。
美術の時間もいいでしょう・・・。

20180624_013553340_iOS.jpg

20180624_013404027_iOS.jpg

20180622_001241431_iOS.jpg
【タイトル:隠せない情熱?】
posted by レクタス at 07:45| Comment(0) | まぜこぜカフェ鴨居

2018年06月22日

レクタス・フリースクール開校のお知らせ

レクタス・フリースクールを開講しました。

無題.png

無題2.png

無題23.png

無題234.png
posted by レクタス at 11:56| Comment(0) | お知らせ

2018年06月21日

「まぜこぜカフェ鴨居」開催のご案内

「第4回まぜこぜカフェ鴨居」は、
6月24日(日)の開催となります!
第4回改1 「レクタス・まぜこぜカフェ鴨居」チラシ.pdf
posted by レクタス at 07:30| Comment(0) | まぜこぜカフェ鴨居

2018年06月20日

横浜南部療育センター

療育センター訪問し、現状をお聞きして、悩んでいらっしゃる方が多いのにあらためて考えさせられました。
担当の方が、保護者、特に母親支援の必要性を訴えておられたのが印象的でした。
レクタスがまさに力を注いでいる保護者支援、保護者カフェを通じて、或いは学習終了後等でも、気軽に相談に来ていただけるような環境を作っていけたらと感じた一日でした。

吉田
posted by レクタス at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年06月19日

南部療育センターへ訪問

レクタス放課後等デイサービス金沢教室より

本日、午前中に南部療育センターへ挨拶に行ってまりました。
担当の方から磯子区や金沢区の地域の抱えている問題について教えていただきました。

本来療育センターは就学前のお子さんが主な対象ですが、お話によると、就学しているお子さんの相談も増えてきているとのことでした。知的にはボーダーか平均的なお子さんでも、学校で不適応を起こしているケースが最近は顕著だそうです。二次障害的に「行き渋り」や「不登校」に発展するそうで、これまで私たちが見てきた状況と同じでした。先週参加したこども医療センターの学習会でも、発達特性に不適切な環境設定が合わさって学習性無力感に陥り二次障害が引きおこる、という話を聞いてきました。このパターンはいろんなところで散見されます。(問題は発達特性ではなく取り巻く環境なんだろうな)

近頃、学習支援を行う事業所が増えてきたようです。それでもまだ需要に供給が追い付いてないような印象を受けました。わざわざ横浜まで学習支援を受けに行く方もいるようです。(住んでいる地域にそうした事業所があるといいのか・・・)

私たちがそうしたニーズを受け止める事業所でありたいと思いました。

すが
posted by レクタス at 15:37| Comment(0) | 金沢教室

2018年06月18日

教材作り 金沢教室より

P_20180618_141321.jpgP_20180618_141301.jpg


ジオボードと言います。スタッフの吉田が作成しております。

これで平面図形の学習をする予定です。

posted by レクタス at 15:24| Comment(0) | 日記

2018年06月14日

蜂の巣退治から蜂の子試食

レクタス放課後等デイサービス金沢教室にあしなが蜂の巣を見つけました。昨日、利用者の保護者とお子さんが帰りがけに見つけて教えていただきました。

ここは家屋が密集した閑静な住宅地。利用者はもちろんのこと、ご近所にもご迷惑が掛かってはいけません。
早速対策をスタッフで練りました。「役所に電話は?」「業者を紹介されて結構高くつくかも」「完全防備で立ち向かうか?」「誰がやる?・・・・・」

解決策

霧が丘教室でも、市民の森が近いためか軒先に蜂の巣が作られてたことがありました。そのたびに理事長が蜂バスターとして駆除に当たっていました。理事長に相談。すぐに車を走らせ、2時間後には金沢教室へ駆けつけてきました。

あっという間の蜂の巣駆除。

こちらが蜂の巣。
P_20180614_171839.jpg

その後、爪楊枝で蜂の子をほじくりだし、
P_20180614_172053.jpg

理事長「これは美味しんだよ!」フライパン、砂糖、醤油が用意されました。
P_20180614_172543.jpg

P_20180614_172611.jpg

勇気を出して初めての試食。
P_20180614_173024.jpg

お子さんの自然体験学習として良い学びのチャンスだったかもしれませんが、あいにく利用者は不在。虫が苦手な子どもも多いので、中には通所を怖がってしまう子もいるかもと利用者一人ひとりの顔を思い浮かべながら、口の中に広がる未知なる味を噛み締めました。甘醤油の後ろから立ち昇る蜂の子の風味。

安全安心のレクタス金沢教室に戻りました。

利用者の皆様へ。安心してお越しください。

ご利用見学希望の方もお待ちしております。

すが




posted by レクタス at 20:43| Comment(0) | 日記

2018年06月12日

レクタス霧が丘スタッフの今日の気づき

幸せでいるために、1秒のことばを大切にしよう。

・はじめまして
・ありがとう
・がんばって
・おめでとう
・ごくろうさま
・さよなら
等々

そして、完璧を望まないこと!
20180504_021934650_iOS.jpg
posted by レクタス at 23:58| Comment(0) | 日記
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.