2018年10月15日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

「メンタルケア学術学会 第16回学術大会」
に参加しました。

今日の気づき
私たちに何ができるか?

1.「傾聴」と「助言」!
 傾聴に加えて、相手が自ずから気づく適切な「助言」をしていこう。

2.心を整えるためには、
 「被受容感」が重要!
 被受容感を持てると超ハッピーになれます。
 You are OK,I'm OK.の言葉がけを大切にしていこう。

3.幸せは心の中にある。
 幸せは、被受容感=30%
     健康+お金=70%ということです。
 私たちにできるのは、この30%に焦点を当てた学習指導をしていくことでしょう。

20181013_024407134_iOS.jpg

20181014_232424896_iOS.jpg
posted by レクタス at 10:30| Comment(0) | 日記

2018年10月11日

算数の教材 金沢教室より

P_20181011_125121.jpgP_20181011_130216.jpg


金沢教室です。

昼食中に分数や公約数の教材の話になり、スタッフが「実はこんなの作っているんです」と見せてくれました。

今、学習支援で使っている最中です。

日々地道に工夫を繰り返しています。


すが


posted by レクタス at 13:07| Comment(0) | 日記

2018年10月08日

第10回レクタスdeカフェ・ディシェ鴨居&三ツ境

「“不登校、行き渋り”&“育児について”語る保護者のカフェ」です。
子育て・子ども教育全般の話題を扱い、保護者、スタッフの皆で楽しく学び合う会です。

10月7日(日)三ツ境教室において、開催いたしました。

今月の討議テーマ、「反抗期」のお子さんの対処法、
及び お子様の教育等に関して話し合いをしました。

先輩お母様のアドバイスも受けながら、
8名の参加者全員で「学び合い」ができました。

【楽しむ・仲間と共に・学びと成長】
1人で抱え込まないで、課題を皆で共有していきましょう!


20181007_011400918_iOS.jpg
posted by レクタス at 08:44| Comment(0) | 日記

2018年10月04日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

コーヒーが冷めないうちに

過去は変えられない。
起きたことは変えられない。
しかし、未来は変えられる。

それにしても、
幼少時に母の愛情を確かめられなかった子どもの苦悩は深い。

なんと母の愛情は偉大なのか!・・・・・。

20181003_010511316_iOS.jpg
posted by レクタス at 09:34| Comment(0) | 日記

2018年10月02日

NPO法人レクタス法人化10周年記念講演会

NPO法人レクタス法人化10周年記念講演会
「障害児と共に歩む親への応援歌」


講師:カニングハム久子先生
日時:10月20日(土)
場所:県民共済みらいホール

お申し込みは、お早めにお願いします。

http://nporectus.sblo.jp/article/184244750.html

IMG_0632.jpg

IMG_0628.jpg
posted by レクタス at 15:15| Comment(0) | 日記

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

「こんにちは」の挨拶ができていますか?

保護者様は、お子さんがレクタスに来室時、
「こんにちは!」と言って入室してくるのか、
何も言わずに入室してくるのかをご存知ですか?

もし、保護者様がこれを知らずに過ごしているとすると、
お子様に対する関心が・・・。

声を出すことに抵抗感がある場合は、
ニッコリ笑ってうなずくだけでもいいのです。

さて、家庭では、
「行ってきます」「ただいま」と家族同士で挨拶が交わされていますか?


ここで、挨拶の意味を考えてみましょう。
例えば、 職場で仕事を始めるときに無言だったら気持ち悪くありませんか?

挨拶には、「よろしくお願いします」の意味があるといわれます。
したがって、「おはようございます」にルビをふると
「よろしくお願いします」となります。
・・・うまいことを言いますよね!

20180923_000320167_iOS.jpg
posted by レクタス at 08:10| Comment(0) | 日記

2018年09月28日

「英語で遊ぼう!」が始まります。(金沢教室)

1人より2人、2人より3人、3人より4人……
たくさんいれば会話もはずむ。
英語でしゃべって、踊って、ゲームして、
Let's enjoy!

第1回は10月4日、参加者受付中です!

英語で遊ぼうチラシ.jpg
posted by レクタス at 17:23| Comment(2) | 日記

楽しい工作(金沢教室)

S君 コイン投げゲーム

 この日はヨーグルトの空きびんを3つ持ってきたS君。
 3つのびんをつなぎ合わせて、それぞれに点数の札をつけ、コイン投げのゲームにしました。
 いちばん点数が高い80点のびんには、コインが入りにくいように棒をつけたところがひと工夫。
 自分で作ったゲームで遊ぶのは楽しそうだね。
小嶋君コイントス.jpg

I君 だいじな宝箱

 仕切りのついたお菓子の空き箱を見たI君。「あっ、そうだ!」
 ひとつひとつの場所に、だいじなものを作って入れよう。
 左上はカービィのフィギュア、右下もお気に入りのキャラクターです。
 キャラクターは画用紙に描いて、ペットボトルのふたにはりつけ、台にしました。
 右上は、カービィがおふとんをかけて寝るところだったかな?
 だいじな人にあげる宝箱ができたね。
佐野君7月3.jpg
posted by レクタス at 13:44| Comment(0) | 日記

2018年09月26日

レクタス de カフェ・ディッシェ鴨居&三ツ境


第10回 レクタス de カフェ・ディッシェ鴨居&三ツ境 のお知らせです。

10月は「三ツ境教室」!です。

「“不登校、行き渋り”&“育児について”語る保護者のカフェ」
の内容で、
子育て・子ども教育全般の話題を扱い、保護者、スタッフの皆で楽しく学び合う会です。
 
引き続き毎月開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

お気軽にカフェを楽しむ気持ちでの話題参加も大歓迎です。

日時:H30年10月7日(第一日曜日)次回以降 毎月第一日曜日
   10:30〜12:30
場所:NPO法人レクタス「三ツ境教室」

対象者:レクタス利用会員保護者 
 及び レクタススタッフ、不登校、行き渋り、育児の課題に関心のある方
費用:300円(飲み物、茶菓子付き)

当月の話題:
(1)「反抗期」のお子さんの対処法
(2)自由テーマ(自分のこと、お子さんのこと、最近の出来事)


お問い合わせ
レクタス霧が丘教室 大島まで
FAX:045-921-4124
mail:join@nporectus.com

スクリーンショット 2018-09-26 10.14.46.png
posted by レクタス at 10:26| Comment(0) | 日記

2018年09月23日

霧が丘教室スタッフの今日の気づき

【育ちを積み上げていくために場所を選ぶ】

特別支援学級などを利用すると将来の高校進学等が難しくなるのではないかなど、
先立つ心配はあるものです。
しかし、今の育ちを大切に積み重ねなければ、展望は開けません。
高校に入ることが目的ではなく、自己実現を果たす手段です。
自立のチャンスは必ずやってきます。
そのチャンスを掴むまで、今できることにしっかり目を向け、
地道に努力を重ねることが何より大切です。
このことを、これまでの経験をもとに教師から伝えられると、
保護者が安心して子供を特別支援学級に預けることにもつながるでしょう。

・・・・・ここで、問題があります。
「これまでの経験をもとに教師から伝える」ことができない状況があるのではないでしょうか。
それ故、私たちが経験をもとに伝えていく力が必要になっているとも言えます。

保護者の方々も、悩むのではなく、私たちと一緒に学んでいって欲しいと感じています。
レクタスでも学ぶ機会を設けてあります・・・。
自ら学ばないと他人のアドバイスも受け入れることができなかったり、
実行に移せないとも考えています。


最近、ある場所で、あまりにも自己選択できない、
いや、ほとんど選択できないお子さんと接する機会があります。
【子どもの自立とは?】
・・・・どのように考えますか?


自分で自分の好きなことを選択できることです!

子どもを自立させるためには、大人も自立していることが肝要と思います。

では、大人が自立できるためには、自己肯定感を高める必要があるでしょう。
続いて、他者肯定感も高くないと子どもを自立につなげていくことが難しくなります。

ここで、下記に示す
「大人が自己肯定感を高める重要な3つのこと」
については、どのように思われますか?

1.自分に対する要求水準をうんと下げる
2.人からほめられよう、認められようとしない
3.子どものことは子どもに任せる

20180919_065851158_iOS.jpg

posted by レクタス at 08:53| Comment(0) | 日記
NPO法人レクタス 〒226-0016 横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL/FAX 045-921-4124
Copyright (c) 2008. Nonprofit Organization rectus Reserved.